スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Porsche Panamera 4S(ポルシェ パナメーラ 4S)

とにかくデカかったパナメーラです。 ショールームの入り口を向いて展示してあり、外の駐車場には、ボクスターやケイマンが停まっていたけれど、幅と高さが桁違いです。 というか、前面投影面積が見た目で違いました。
30-200911141.jpg

『パナメーラ』で検索すると…
ポルシェ純正 パナメーラ 4S 1/43スケールミニチュアカー
 

スポンサーサイト

のだめタワー

指輪を受け取った後で、手帳やカレンダーを見るため、書店を覗いてみました。 そこには、のだめカンタービレ23巻で作った『のだめタワー』が飾ってありました。
29-200911292.jpg


『のだめ』で検索すると…
のだめカンタービレ23巻


のだめカンタービレ DVD-BOX【送料無料!20%OFF!】
 

リング

メンテナンスに出していた指輪が仕上がったので、受け取ってきました。 これからもよろしく。
29-200911291.jpg




インフルエンザが近づいてきた

金曜日の夕方に娘二人が同時に発熱した。 先週末は息子が発熱しているので、2週連続である。 年賀状に挿す「家族とクルマ」がまだ撮れていない。
近所のかかりつけ医に予約が取れたので時間通りに伺うと、「予約でも30分待ち」の表示あった。 席に座って待っているとほぼ満席になってきたから立つかと思った瞬間に名前を呼ばれた。 問診&診察の結果、体温が40℃を超えている上の娘がインフル検査をした。 下の写真は、インフル検査の結果待ちの間、当日利用していない診察室で待機中の娘達だ。 女医と患者ごっこを楽しんでいた。 その後呼ばれて告げられたのは、「陰性」でした。
28-200911281.jpg

『インフルエンザ』で検索すると
イソジンうがい薬 250mL


手ピカジェル 300mL
 

Suzuki Alto 2nd(スズキ アルト 2代目)

夏休みに撮影隊長家に帰省したときに発見したアルト。 すでに土に還りつつあるので、型を維持している間に撮影しました。 おぼろげな記憶では、結婚前からこの場所にあったかも…
27-200908091.jpg
27-200908092.jpg

2代目のスズキアルトとは、こんなクルマです。

 

2009年11月26日のクルマ雑誌

ENGINE (エンジン) 2010年 01月号
◆新潮社:エンジンHPバックナンバー
◆巻頭ワイド特集 そのクルマ、そのコンセプト、そのマーケティング、そのデザインetc 異議アリ!
◆週末の高速道路はミニバンだらけ!自動車無趣味の日本人に異議アリ!
文=徳大寺有恒 写真=小野一秋
土日・休日の高速道線1000円ポッキリ制が導入されて以来、高速道路はミニバン渋滞が続く。 こんなニッポンに誰がした!? 大御所の愚痴が聴こえるか。

◆じつはCO2削減そっちのけのエコカー減税に異議アリ!
文=清水和夫 写真=鈴木 勝/小野一秋
「エコカー減税」は必ずしも低燃費(=CO2削減)車が対象になっていない! 業界の矛盾を理論派ジャーナリストが鋭く突く。

◆ブームに乗って「オレさま」走り おろかな自転車乗りに異議アリ!
文=石井昌道 写真=小野一秋
自らもダウンヒル・バイクで都内を疾走する石井昌道は、マナーの悪い一部のサイクリストに異議を申し立てる!

◆真ん中のひとりの命は隣の2人より軽い!? 2点式シートベルトに異議アリ!
文=森 慶太 写真=小野一秋
小学1年生の息子を持つ森 慶太は怒っている。 “家族みんなで楽しく”を謳う国産ミニバンの後部中央席になぜ3点式シートベルトが採用されないのか!

◆これじゃあ夢も見られまへん!スーパーカー高騰に異議アリ!
文=西川 淳 写真=小野一秋
10年前に1000万円台半ばだったV8ミドシップ・スポーツカーが、あれよあれよで3000万円台! マニアの憤激を聞いてください。

◆ホントにエコなの!? 電気自動車に異議アリ!
文=国沢光宏 写真=山下亮一
新型トヨタ・プリウスに乗る国沢光宏が、電気自動車=エコ満点の単純な考えを明快に批判!

◆30年モノの旧車にも課される「リサイクル料金」に異議アリ!
文=小沢コージ 写真=神村 聖
72年製のロールズ・ロイス・コーニッシユ・クーペに乗る小沢コージは思う。 古いクルマに乗っている=再生利用しているのに、「リサイクル料」が新車と同じ、っておかしくないか。

◆ヘタれドライバーは主張する。「AT限定免許」制度に異議アリ!
文=佐野弘宗 写真=小野一秋
日本の新車試乗のAT車比率は95パーセント! おかげでMT車が絶滅の危機に瀕している。 元凶は「AT車限定免許」にあり、と佐野弘宗が抗議する。

◆ブリヂストン、トヨタも撤退発表。 F1がオモシロくない、というアナタに異議アリ!
文=西山平夫 写真=熱田 護
3年ぶりに鈴鹿で開かれた09年日本グランプリは空席が目立った。 人気低迷F1にいまこそ注目!

◆自動車エッセイスト、カバタ・ヤスシがイッキ言い「目的地周辺です」など3件に異議アリ!
文=下野康史(かばたやすし) 写真=小野一秋
「大径ワイド・ホイール」と「ETCが挿入されていません」と「目的地周辺です」に一言も二言も言いたい。 カバタさんは怒っている。

◆テリー伊藤(町の天才自動車評論家)にインタビュー ニッポン車のデザインに異議アリ!
写真=阿部正博
ダイハツ・ミラ・ココアのデザインで、2リッターの小型車を日本のメーカーはなぜつくらないのか!?

◆フラット4のFRスバトヨタ車に熱烈期待。 FTハチロクに異議ナシ!
写真=小野一秋
開発主査が新時代スポーツカーの意図を激白。「FT-86はホンモノにする!」の意気やよし。

◆本誌編集長、鈴木正文の「新・自動車評論」 第2回 ポルシェ・パナメーラ・ターボ その観念に感動した!
写真=望月浩彦
ポルシェ初の4ドア・サルーンとして大いに注目されるパナメーラの最高峰モデル、ターボはどんなポルシェなのか? 上陸したての1台を、本誌編集長がドイツ車論とともに評価する。

◆「批評的対話」によるザ・比較テスト 第2回 「ホンダvsルノー、ホットハッチ王はどっち?」
写真=望月浩彦
こなたホンダ・シビック・タイプRユーロ、イギリス出身。 201ps、1320kg。 かたやルーテシア・ルノー・スポール(RS)。 フランス出身、202ps、1240kg。 いずれも初代は90年代生まれの由緒ある熱き小型FF車の対決。軍配やいかに?

◆ガルウィング・スポーツカー、メルセデスベンツSLS AMG、いちばん乗り!かもめが翔んだ!
写真=望月浩彦
なぜいまメルセデス・ベンツは、ガルウィング・ドアの本格スポーツカーを世に問うたのか。 その走りはどうか。アメリカで開かれた国際試乗会からの報告。


◆“青い目”が見た東京モーターショウ!ガイシャがいなくなったTMSを、イタリア人ジャーナリストがリポート!クール・ジャパンを探せ!
文と写真=ディーノ・ダッレ・カルボナーレ
10月24日~11月4日までの12日間、千葉県幕張メッセで開かれた第41回東京モーターショウは、前回(2007年)と比べ展示面積が約半分になり、来場者数も前回比43.1パーセント減の61万4000人だった。 参加した外国の乗用車メーカーは英ロータス社と独アルピナ社のわずか2社だけ。 では、様変わりしたこのショウに収穫はなかったのか? そんなことはない、と米国の『Auto Week』誌や『Super Street』誌に執筆するイタリア人ジャーナリスト、ディーノ・ダッレ・カルボナーレ氏はいう。 カメラ片手のクール・ジャパン探し、の記。

◆“黒い目”が見た東京モーターショウ ホット・ジャパンを探せ!
写真=小野一秋
もはや今回で最後か、とすら感じさせた東京モーターショウ。 それでも技術者は明日を信じていることがわかって救われた。 自動車には、まだまたやるべきことが残されているのである。


◆ニューモデル海外試乗記
直噴エンジン+PDKを得た新型ポルシェ911 ターボにポルトガル、リスボンで乗る。 さらに間口を広げた感じ。 9月のフランクフルト・ショウでデビューした新型ポルシェ911ターボの国際試乗会がポルトガルの首都リスボンで開かれた。 かつてのグランプリ・サーキットも含む試乗コースで新型ターボはどんな走りを見せたのか。 本誌ムラカミが報告する。
◆ENGINE ROAD TEST
Eですら余裕しゃくしゃく、Cならば十二分。 EとCの同一エンジン対決!
文=森 慶太 写真=柏田芳敬
「ブルーエフィシェンシー」はメルセデス・ベンツのエコ標語。 その金看板の1つとして登場したのが1.8リッターガソリン・エンジン、CGIブルーエフィシェンシー・ユニットだ。 これを搭載するEクラスとCクラスを森慶太がテストした。


◆ENGINE New Car Commentaries 「今月の新車批評」特集 大作、力作、過激作。 ニッチ・カーからお買い得モデルまで百花繚乱!2010年冬の新作勢ぞろい!
日本が誇るスポーツ・カーのオープン・ヴァージョンやニュル8分17秒という記録を持つホット・ハッチなどなどバラエティに富んだ、魅力ある新型車がぞくぞくと登場した今月。 生産国も日・米・独・仏・伊・北欧と、まさに百花繚乱。 価格も203万円のコンパクト・カーから1554万円の高級SUVまで千差万別。そんな2010年冬の新作、14台を「今月の新車批評」特集として一挙に紹介する。
◆日産 フェアレディZロードスター・バージョンST:フェアレディZのロードスターが登場した。 流行のメタルトップに宗旨替えすることなく、ソフトトップを引き継いだ新型は、クーペとは違うスタイルで魅了するのだった。
◆フォード・マスタングV8 GTクーペ・プレミアム:2005年のモデル・チェンジで初代を模したデザインを採用して大ヒットしたマスタングが、5年ぶりにリファインされた。
◆ルノー・メガーヌR26.R:ルノー・スポールが手掛けたメガーヌの最終進化型、「R26.R」が上陸。大井貴之がサーキットでテストした。
◆フォルクスワーゲン・ポロ 1.4コンフォートライン:6代目ゴルフに続き、弟分の5代目ポロが日本上陸。 ベース・グレードとなる1.4リッターNAモデルの実力は?
◆ランチア・デルタ 1.8ターボ16V:ガレージ伊太利屋にデルタのATモデルが入荷した。 エンジンはオールニューの1.8リッター直噴ターボだ。
◆フィアット500C 1.4 16VラウンジSS:アバルトもいいけど、“C”も気になる。 乗ってみたら、Cは想像を超えていた。
◆日産 フーガ/スズキ・キザシ:東京モーターショウで発表された日産の旗艦、新型フーガの追浜試乗会が開かれた。 東京モーターショウで登場したキザシは、おべんちゃらを言わない実直車だった。
◆トヨタ・マークX:2代目に進化したトヨタ・マークX。 内容より、肝心なのは戦略なのか?
◆VWゴルフ・ヴァリアント&ティグアンRライン:VWのオールラインナップ試乗会で、新型のゴルフ・ヴァリアントに乗ってみた。
◆レインジ・ローバー・ヴォーグ&スポーツ:375psの自然吸気と510psのスーパーチャージド。 2種類の新開発V8が英国製SUVに搭載された。
◆ボルボV70 ノルディック&XC70:ボルボ70シリーズの両極端な2台、ノルディックとXC70に試乗した。
◆好評連載!木村好宏のヨーロッパ・ニューモデル、早耳・地獄耳!第2回 VWの近未来を予想する
合言葉はエモーション!
文=木村好宏 CG=Kimura Office
これから出るヨーロッパの新車を、ヨーロッパでもちあがっているクルマ業界の話題をまじえて、ドイツ在住の地獄耳ジャーナリスト、木村好宏が紹介するクルマ好き必読の連載! 第2回はこれから出るVWの新車11台を公開します。


◆新型レクサスLS460の世界を国沢光宏はどう見たか?走りも、内装も美味である
文=国沢光宏 写真=小野一秋
2006年のデビューから3年を経て、レクサスLSシリーズが内外ともに大いに魅力を増すマイナーチェンジを受け、まずLS460から10月に発売された。 新型LSの眼目は、(1)清新な外観(2)3万通り以上もの組み合わせを可能にする新オプションの「L-Select」なる内装カスタマイズ・プログラムの導入、そして(3)走りの劇的美味化、の3つである。 ここではLS460の2種類の新バージョンをテストした国沢光宏さんによるその走りっぷりと「L-Select」にフォーカスした印象記をお届けする。

◆PICTORIAL ドライバーズ・ロールズを見よ!
写真=小野一秋
09年9月のフランクフルト・ショウでテビューしたロールズ・ロイスの新型車、ゴーストが、間髪を入れずに日本でも公開されたのは10月1日のことだ。 発表会のために世界各国の有望市場を巡回中のこの生産型プロトを、スタジオに持ち込んで撮影するという貴重な機会を得た。 小野カメラマンの労作をインテリアを中心に観賞されたい。 あわせて、新時代のドライバーズ・ロールズたらんとするゴーストへの期待を、日本屈指のロールズ・コネッサー、徳大寺有恒さんに語ってもらった。

◆アウディA3スポーツバック1.4TFSIの「トータル・エフィシェンシー」を体験する!「鬼に金棒」な1台。
写真=阿部昌也
「トータル・エフィシェンシー」を製品哲学のキイワードにするアウディが、高効率を謳うA3スポーツバック1.4TFSIを使ってアウディ流「エコ・ドライブ」のプレゼンテーションと体験取材会を行った。 本誌からは“燃費運転マイスター”(自称)のアライが参加、アウディ車の「トータル・エフィシェンシー」を吟味した。





NAVI (ナビ) 2010年 01月号
◆二玄社-webCG目次詳細

◆Column ――EDITOR'S NOISE:横浜の不良たちの夜は更けて/GERMAN SUPLEX HOLD:特権階級的意識を捨てよう/MATERIAL BOY:旅の達人・F1チームスタッフのお墨付き!/ON THE EDGE:beyond which the road loses itself/MOVIE:イングロリアス・バスターズ/Topics:究極のアルミ美を求めて/NEWS:60seconds
スポーツカーアゲイン!
・Gullwing is Back!翼を広げたリアルスポーツメルセデス・ベンツSLS AMG
・4ドアでするスポーツ路上の自家用ジェット ポルシェ・パナメーラ・ターボ
・500psのターボカーがもう一台 ノイズが消えて鮮明に ポルシェ911ターボ
・日本の10倍売れる国のために気ままに楽しむアメリカンスポーツドライビング 日産フェアレディZロードスター
・ハイパワーSUVはスポーツカーか?ハイパワーSUVは生き残るか?このクルマを動かしているのはだれ?BMW X5M&X6M
・逆輸入のホットハッチはスポーツカーたりえるか数量限定! 公道ベストのタイプR
・Formula One inspired Sportscar!Pure McLaren 情緒を徹底排除して生まれる官能性 マクラーレンMP4-12C
・いまスポーツカーを買う理由 フットワークが軽くなるクルマ アウディR8 4.2FSIクワトロ
・世界選手権にみるスポーツカーの解釈 操る歓び
・パナメーラのボーズサウンドシステムを聴く 音響学的にはスポーツカー? それともサルーン?
◆変革の必要性、待ったなしの東京ショー 変革の必要性、待ったなし
・ニコルオートモビルズとLCI両代表に訊く アルピナとロータス このふたつのブランド、そしてインポーターに感謝とエールを!
・トーキョーよ、フランクフルトに負けちゃいかん
・トーキョーへのエール 頑張れ東京モーターショー
・第13回目となるデザイナーズナイトに潜入 クリエイターはポジティブ思考
・VWのウォルフガング・シュタイガー氏が示唆するモビリティの明日 プラグインハイブリッドは「道」をも変える
・モデラーが見た東京モーターショー 薄味なクルマが多いなかで

◆海外試乗記
・我が道をゆくコンパクト・シトロエン 癒し系小型シトロエン シトロエンC3
・鉄板はさらに厚くなり
◆国内試乗記
・輸入乗用車初のエコカー減税対応車!子ども店長もびっくり メルセデス・ベンツE250CGI ブルーエフィシェンシー・アバンギャルド
・ポスト・ゴルフとなりえるか?民主化は続く フォルクスワーゲン・ポロ1.4 コンフォートライン
・スズキ初のプレミアムセダンが登場 スズキ、脱軽メーカーへの兆し!?スズキ・キザシ
・マークXが2代目になって進化 最新版コンサバセダン トヨタ・マークX
・ボルボの2010年モデル乗り残し総ざらい 新しいエントリーと新しいフラッグシップ ボルボ
・5ナンバーサイズのミニバン戦線に異状アリ 新たなるホンダのチャレンジ ホンダ・ステップワゴン
・本命登場 強心臓とトルコンATを得てメジャー化前夜(?) ランチア・デルタ1.8ターボ16V
・ディスカバリーのフルモデルチェンジとレンジローバー系のフェイスリフト 7万2000kmぶんのCO2って?ランドローバー
・マスタングが内外装をリファイン 馬の駆け足、ちょいペースアップ! フォード・マスタングV8 GTコンバーティブル・プレミアム
・6代目ゴルフのヴァリアントを試す 旧型オーナーの期待に応えて(?)フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
・ひと皮むけた!日産フーガ・プロトタイプ
・ハイブリッド車が静かすぎるという問題に、アフターパーツメーカーがいち早く対応 腹立たしくないホーン
◆Dynamic Safty Test エコとダイナミクスの両立 三菱i-MiEV/トヨタ・プリウスL/レクサスHS250hバージョンI
◆イッキ討ち いまや珍しいホットハッチ同門対決 フランスから来た走る歓び ルーテシア・ルノースポール vs トゥインゴ・ルノースポール
◆KEN'S NOTE #26
◆長期リポート 日産フェアレディZバージョンST|フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン|アルファ・ロメオ・ミト|ジープ・ラングラー・アンリミテッド・サハラ
◆鉄NAVI Season 2汽車趣味12ヵ月 とある木造駅舎の物語 東武鉄道 下小代駅 旧駅舎
◆第164回 10年10万km STORY:佐々木孝裕さんとレンジローバー(1991年型)


 


Autech Zagato Gavia(オーテック ザガート ガビア)

熊本城の見物を終えて、駐車場に戻っている途中で、異様な気配を感じて排気音がした方向を見ると、なんだかディメンジョンやエクステリアが普通ではない小さいクルマが一台走り去った。 そのときにシャッターを押したのがコレです。
25-200908101.jpg

最初の写真を切り抜いてみました。
25-200908102.jpg

クルマを追うように撮ったが、シャッタースピードを流し撮り対応にしていなかったので、止まったように見えますね。
25-200908103.jpg

チビ隊員1号だけが、撮影隊長に反応して、行動してました。
25-200908104.jpg

しばらくは、車種が分からなかったけど、何かでググッタ時に偶然発見しました。 只者ではないと思っていたら、世界で30台程度しか生産されていない超希少車でした。

備忘録として。
AUTECH ZAGATO/個人サイト-ザガート・ガビアの発表
・ウィキペディア(Wikipedia)-ザガート・ガビア
・ウィキペディア(Wikipedia)-オーテックジャパン
・ゆらたく屋-はるばる来たのは3台のみ・・・2006年9月 1日 (金)
 


こどものおまけ

先日、さかなやさんでプチお祝いをした際、お店から子供にカプセル玩具を頂いた。 カプセルには、ウルトラマン倶楽部PART-5のタッコングが入っていたのを見て、バッグにしまっていた。 本日は有給のため4連休最終日で、出かける際にバッグに入っているカプセルを取り出して、何の気なしにカプセル内の紙を見てビックリ!! なんと、「第6弾、’91年発売予定」とあるのだ。 単純計算すると19年前の1990年製のカプセル玩具ということになる。
好きなものを沢山食べた後の価格も安さにビックリだったが、さらに時間差でビックリさせられた。 この古さを見た後では、2006年の仮面ライダーカブトなんてのは、霞みますね。
24-200911211.jpg


『タッコング』で検索すると…
ウルトラマン・クラシック/タッコング第2話収録


「タッコング」で色々見つかるので、備忘録としてリンクしておきます。
グーグル検索
・ウィキペディア(Wikipedia)/帰ってきたウルトラマンの登場怪獣
 

Honda Stepwagon MK.4 Spada(4代目 ホンダ ステップワゴン スパーダ)

発売以来、一ヶ月余りを経過して、オーナー車が見られるようになってきた。 ニューモデルになったからといって、試乗を希望するジャンルのクルマでもないが、見る機会があったので併せて写メした。
率直な見た目だけの印象は、先祖返りの形状に加えて、どこかで見たことがあるようなフロントマスク。 3シート×2列のコンセプトを表現した「マネックス」はこの秋にカタログ落ちだ。 ニューモデルは「セレップワゴン」として再出発を計るようだけど、モデル毎にポリシーが変わるようだと…。 ボクシー形状ミニバンの先輩として、セレナよりも売れて欲しいがデザインの持続力が…。
24-200911241.jpg
24-200911242.jpg
24-200911243.jpg


『ステップワゴン』で検索すると…
「新型ステップワゴン」のすべて
 

佐久間レールパーク

撮影隊員らを迎えにわずか一週間後にまたもや撮影隊員実家を訪ねた。 夏休み明けのため仕事が忙しかったので、ヒトリを満喫する間もなかったのは残念だ。 息子の幼稚園が始まるので、始めから7日間と決まっていたけれど、タイムマネージができなかった自分が悪いのである。

さて、0系新幹線とムルティプラを撮影したのは、佐久間レールパークである。 11月1日に移転のため閉園することを何かの折に知ったので、改めて撮影した。 普段は空いている公共駐車場(無料)だけど、あいにく満車だった。 しかし、戻ってこられた家族に声をかけて、良い位置に駐車できた。
23-200908221.jpg

シビックハイブリッドと共に。
23-200908222.jpg

0系新幹線前で撮影するには並ぶ必要がありました。
23-200908223.jpg

0系新幹線の先頭車両の一部だけ展示してあり、運転席は開放してあります。 我が家族も以前撮影したことがあります。
23-200908224.jpg

サクマドロップスと佐久間レールパークのコラボレート商品です。 下の娘の誕生祝を送ってもらったとき、同包してありました。
23-200911011.jpg
23-200911012.jpg


備忘録
・鉄ヲタだって人間だぁ!-佐久間レールパーク・フィナーレイベント!/木村裕子さん
・JR東海-佐久間レールパーク
・JR東海-ニュースリリース 佐久間レールパークの閉園イベント等の実施
・JR東海-ニュースリリース 「佐久間レールパーク・フィナーレイベント」実施
・中日新聞-鉄道ファン別れ惜しむ 佐久間レールパークで閉園イベント
・グーグル-「佐久間レールパーク」をブログ検索


『佐久間レールパーク』で検索すると…
全国鉄道博物館 鉄道文化の殿堂「鉄道博物館」&全国の施設セレクト3
 

いい夫婦の日

いい夫婦の日を選んで結婚して以来、10年間を過ごすことができました。 俗にスイートテンといっているけれど、そんなジュエリー業界の作戦には乗らず、指輪のメンテナンスをお願いしました。 2週間で出来上がると踏んでお店を訪れると、サイズ直しがあるため仕上がり日まで3週間かかるといわれてしまった。 しかし、指輪を外して2週間経過すると、指輪跡も薄くなってきました。
22-200911221.jpg

実を取ったプレゼントは、2つあります。
初のジャパネットで購入したのは、サイクロン掃除機。 注文した翌日に届きました。
22-200911222.jpg

3回目の購入になるデルでは、ノートパソコンを注文。 注文直後届いたメールを見返すと、ボディパネルを間違っていたのに気付き、変更方法を調べてみると深夜なのでチャットで問い合わせることになりました。 中国人スタッフとチャットをして、撮影隊員の希望色に変更できました。 到着は12月4日の予定です。
22-200911223.jpg

寒かったので、この冬初めてホットカーペットに電源を入れてみると、暖かくなりません。 最強パワーにしても、ほのかにしか暖かくなりませんでした。 13年前に3,000円位で購入して以来、毎冬暖めてくれてありがとう……。


『スイートテン』で検索すると…
《石田ゆり子さん使用》K18WG ダイヤ【スイートテン】フラワーネックレス
 

プチお祝い

小学校のマラソン大会で好成績を収めた娘達のため、さかなやさんでお祝いしました。
成績の変遷です。
・上の娘:3位←5位←10位
・下の娘::7位←23位
21-200911211.jpg
21-200911212.jpg

予算10,000円は頭にあったけれど、家族全員好きなものを食べて、10,037円で済ませることができました。 帰りには、大宮駅構内にあった秘密のケンミン館がオープンしていたので、立ち寄って焼肉のタレ『スタミナ源たれ ゴールド中辛』を購入しました。
21-200911213.jpg


『スタミナ源たれ』で検索すると…
秘密のケンミンショーで紹介されました♪スタミナ源たれ
 

引越し

毎年のことですが、秋になるとどこかの3連休を利用して、ビル内で効率化のため引越しが行われます。 所属部門の場所が変わらなかったけれど、夏に昇進していたので先輩と入れ替わりになりました。 引き出しの移動だけなので、就業時間後に短時間で終わりました。
下の写真は、12階への移動分です。 こんなダンボールが各階のエレベータ前に見れます。 スペースには限りがあるので、物を捨てたり、倉庫に送る機会です。
20-200911201.jpg


『引越し』で検索すると…
引越し、ゴミだしに便利♪荷物を軽々運べるアウトレット運搬荷車!折りたたんで収納上手な折りたたみ・伸縮式アルミ台車です
 

12日間の夏休み #42/12日目 最終回

帰省中の燃費記録です。

■燃費情報1
 給油日:2009年 8月 5日 18:58
 総走行距離:34,120km
 今回距離  :615.5km
 
 給油  :48.10L(三木SA/JOMO GP-1プラス)
 燃費  :満タン法:12.80km/L
       コンピュータ燃費:14.8km/L
 単価  :136円/L
 値引  :-円/L(スロットにより、-円)
 総額  :6,542円

■燃費情報2
 給油日:2009年 8月10日 11:54
 総走行距離:34,911km
 今回距離  :789.8km
         …過去最高の無給油走行距離だけど、
           プリウスは1,600km無給油
           走ることが可能です。
 
 給油  :56.45L(シェルピューラ)
 燃費  :満タン法:13.99km/L
       コンピュータ燃費:15.0km/L
 単価  :128円/L
 値引  :-円/L(スロットにより、-円)
 総額  :7,226円

■燃費情報3
 給油日:2009年 8月12日 13:42
 総走行距離:35,296km
 今回距離  :383.9km
 
 給油  :32.14L(佐波川SA/シェルピューラ)
 燃費  :満タン法:11.94km/L
       コンピュータ燃費:12.4km/L
 単価  :136円/L
 値引  :-円/L(スロットにより、-円)
 総額  :4,371円

■燃費情報4
 給油日:2009年 8月12日 18:11
 総走行距離:35,690km
 今回距離  :395.2km
 
 給油  :27.71L(三木SA/出光スーパーゼアス)
 燃費  :満タン法:14.26km/L
       コンピュータ燃費:14.1km/L
 単価  :138円/L
 値引  :-円/L(スロットにより、-円)
 総額  :3,824円

■燃費情報5
 給油日:2009年 8月14日 14:16
 総走行距離:36,071km
 今回距離  :380.5km
 
 給油  :24.73L(シェルピューラ)
 燃費  :満タン法:15.39km/L
       コンピュータ燃費:15.7km/L
 単価  :133円/L
 値引  :-円/L(スロットにより、-円)
 総額  :3,289円

■燃費情報6
 給油日:2009年 8月16日 11:52
 総走行距離:36,458km
 今回距離  :386.9km
 
 給油  :26.01L(シェルピューラ)
 燃費  :満タン法:14.88km/L
       コンピュータ燃費:15.8km/L
 単価  :135円/L
 値引  :▲3円/L(スロットにより、▲78円)
 総額  :3,433円

◎今回旅行情報
 距離:2,953km
 給油:215.14L
 燃費  :満タン法:14.73km/L
       コンピュータ燃費:14.6km/L
 総額  :28,685円





12日間の夏休み #41/12日目

自宅に戻ってきました。 今回の帰省では、2938lm走りました。 最近のイタリア車の信頼性は、非オーナーの感覚では図れないことを実感しています。
18-200908161_20091122142617.jpg


ポストには、12日分の郵便物が溜まっていて、その中にシンケンジャー&ディケイドのペアチケットが含まれていて、撮影隊員に写メすると息子はとても喜んだようだ。 夏休み最後の土曜日に一緒に観て来ました。
18-200908162.jpg


『ディケイド&シンケンジャー』で検索すると…
仮面ライダーディケイド&侍戦隊シンケンジャーえいがのおはなしブック
 

野口勇の誕生日

2009年11月17日 7:40頃のグーグルトップページです。

17-200911171.jpg
 

12日間の夏休み #40/12日目

12連休最終日は、自宅まで一人旅です。 出発前に東名高速道路の渋滞箇所をチェックすると、数時間前に開通した崩落現場付近が赤くなっていた。
16-200908161.jpg

崩落現場付近までは、ダラダラと停まることはほとんどなく動いていた。
16-200908162.jpg

制限速度50kmの標識が出ている中を一台だけ速度感が違うパトカーが、路側帯を走っていった。 その先には、追突事故を起こしたクルマがいた。
16-200908163.jpg

いよいよ、崩落現場付近が近くなると、路側帯に注意を促す矢印看板が置いてある。
16-200908164.jpg

崩落現場には、復旧作業を仕上げている作業員の方が10人位いた。
16-200908165.jpg

崩落現場の道路のつなぎ目が分かる写真である。 通過時は、高速道路にある普通の段差としか思えないほど自然な感じだった。
16-200908166.jpg
 

幼稚園バザー

仕事がものすごく忙しい2週間の中日に行われたのが、息子が通う幼稚園のバザーです。 娘達は、シュシュを買ったけど、息子は花より団子のタイプのようです。
15-200911151.jpg
15-200911152.jpg

子供達だけで、買い物ができるように成長しました。 親が後ろにいることは知っているけれど、振り返らずにお店の係りのお母さんと話しをして、欲しいものだけを買っていました。
15-200911153.jpg

幼稚園で販売しているメロンパンは、とある場所で人気の商品です。
15-200911154.jpg

パン生地は、メロンらしくグリーンです。
15-200911155.jpg

これまた人気商品の粒あんのお饅頭です。 これらが、日曜日のランチになりました。
15-200911156.jpg
 

ムルティプラ点検の結末

k_rex_illust.png1週間前にムルティプラを入庫。 リアブレーキを水で濡らしたりして経過観察していたけれど、改めて連絡もなかったので引き取ってきました。
代車の性能かプラシボーか分からないけれど、お店から道路に出た途端に、転がるな!!と実感できました。 自己満足かもしれないけれど、点検の成果で出ていると感じられたので良かったです。


結果は、次のとおり。
・診断名:サイドブレーキの張り付き
・作業内容:リアブレーキドラム分解清掃、グリースアップ、サイドブレーキ調整

点検調整代金;10,500円
ショートパーツ:2,100円
合計12,600円


まぁ、大事にならなくてよかったです。
 

12日間の夏休み #39/11日目

12連休を家族と過ごす最後の夜は、花火で楽しみました。
13-200908151.jpg
13-200908152.jpg
13-200908153.jpg

帰省11日目のチビ隊員たちの寝相です。
13-200908154.jpg
 

12日間の夏休み #38/11日目

この時期、撮影隊員実家にくると川遊びは欠かせません。 小さい魚(めだか?)が沢山います。
12-200908151.jpg

飯田線の特急伊那路を見ています。 まるで貸切のように見えます。
12-200908152.jpg
12-200908154.jpg

川が途切れているように見える上側は、鮎釣りエリアです。 遊泳エリアの右側にも鮎釣りエリアがあるので、泳いでいる鮎を見ることができます。
12-200908155.jpg

緑と黄色の対比で撮ってみました。 この辺りは、天気が良いと濃い水色の青空を望めます。
12-200908156.jpg
 

12日間の夏休み #37/10日目

デイサービスセンターのお祭りです。 去年までは隣接する駐車場で櫓を組んでいたけれど、どうしても夕立の影響を受けるので、今年は施設内で行われていました。
11-200908141.jpg

綿菓子は、注文してすぐに作ってくれます。
11-200908142.jpg

お菓子すくいでは、気前のいいおばさんが、息子がすくった倍以上を袋に詰めてくれました。
11-200908143.jpg

キジとタヌキのはく製とちび隊員1号です。
11-200908144.jpg

ちび隊員1~3号と甥っ子二人です。 誕生から2週間の甥っ子は家を出ることができません。 来年は、6人組でしょうね。
11-200908145.jpg

昭和の匂いがする路地を通って、帰ります。
11-200908146.jpg

息子がこぶし二つで隠すほどのモノでは、ございません。
11-200908147.jpg

夕食のメニューは、飛騨牛の焼肉です。
11-200908148.jpg

帰省10日目のチビ隊員たちの寝相です。
11-200908149.jpg
 

12日間の夏休み #36/10日目

買い物へ。 とはいっても、この地まで、40km程度あり信号がほとんどないので、燃費は良いが、距離は伸びる。 通勤に使っていると年に2万キロ以上走るそうだ。

店名は変わったが、店内は変わっていませんでした。 飯田線の車両が写っています。
10-200908141.jpg

ここにくると必ず寄るのがスガキヤ
10-200908142.jpg

撮影隊員実家に戻り、食料庫を整理しているとヨン様パッケージの飲料を発見した。 グーグルで検索すると「イオンエイド
10-200908143.jpg
10-200908144.jpg
 

さいたまイタフラ車生活 マックオフ

Danさんのお誘いで、マックでのイタフラの集まりにイッテキマシタ。 今回は、ムルが入庫したので、撮影隊員のデミオで参加。 さすがに代車のコルサでは…。

左から、C5ツアラー,リブラ,147。
09-200911081.jpg

右から、405,ZX,406,一台おいて206.
09-200911082.jpg

C3。 誘っていただき、ありがとうございました。 また、よろしくお願いします。
09-200911083.jpg

C3プルリエル。 FBMでのトラブル癒えたようです。
09-200911084.jpg

デミオ 13C。
09-200911085.jpg
 

ムルティプラを点検のため入庫させた

夏休みの帰省旅行の出発直前に発生したムルの左リアのロック状態を診てもらうため、K-REXを訪ねた。 ジャッキアップした状態で、右リアタイヤに比べ、左リアタイヤの周りに抵抗感があった状態と聞いて、そのまま入院を決断した。 そして代車は5代目のTOTOTA CORSA AX Specialです。
08-200911083.jpg
08-200911081.jpg
08-200911082.jpg

ABSのステッカーが時代を表しています。 撮影隊長の子供時代には、冷房車のステッカーを貼ってある少し旧いクルマを見たものでした。
08-200911084.jpg

さて、ムルの状態は、18:00過ぎに参加していたイタフラオフ回の最中に受けた電話で判明した。 結論は、交換部品も必要なくドラムブレーキの分解、点検、清掃で済んだ。 詳細は受け取り後にね。

コルサは写真撮影だけの本宅駐車で、妻クルマのデミオが屋根付き車庫に居座ることになった。 雨天時には、駅までの送迎をよろしく!!
 

トラック転落

開平橋経由で川島町のベイシアへ行く途中に、パトランプが点滅しているのが見えた。 遠めには、悪質な違反者がいてこんな場所で緊急停車させたんだろうと思っていたら、近づくにつれ様子が分かってきた。 トラックが、道路から土手に転落していた。 通過する際にドライバーと思える人がおまわりさんの横に立っていた。 しかし、見通しが良い直線で転落するとは…。 15:30頃に見た景色である。
07-200911072.jpg


大きな地図で見る

買い物を済ませかえる際にトラックのことも考えたけれど、1時間経過していることだし処理も終わっているだろうと同じ道を選択してみた。 すると川沿いの道路に登るS字カーブの手前から渋滞していた。 前方のクルマは20台以上Uターンしていった。 このおかげで、S字の中まで数分で来ることができ、エンジンを切り、降りて撮ったのが下の写真である。 土手(ムルの屋根辺りの)では、前方のクルマから降りた少年が現場を見ている。 写っていないけど旅行の団体さんいたので、軽く話していきさつを伝えておいた。 
07-200911071.jpg

ファインダーを覗くと車は引き上げられているので、すぐに動くと思いムルに戻ろうとすると事故処理車が動き出した。
07-200911073.jpg
07-200911074.jpg

引き上げられたトラックは、助手席側のガラスにひびが入っていてテープで仮止めされていた。
07-200911075.jpg

結局、S字コーナーでの停車は、5分足らずの出来事でした。
 

12日間の夏休み #35/9日目

ようやく、撮影隊員実家に到着しました。 990kmの道のりを15時間50分で走りました。
06-200908131.jpg
06-200908132.jpg

今回の帰省旅行での平均燃費は14.4km/Lです。
06-200908133.jpg

帰省8→9日目のチビ隊員たちの寝相です。
06-200908134.jpg

この日起きると、子供達は甥っ子と遊んだりしたので、のんびり過ごすことができました。


12日間の夏休み #34/9日目

休憩して予定とおりに豊川I.C手前で、木曜日になりました。 これで、1000円高速の恩恵を受けれることになりました。
05-200908132.jpg

駿河湾を震源とした地震の影響で、こんな表示が沢山ありました。
05-200908131.jpg
05-200908134.jpg

カーナビの画面上では、浜松以降で、いくつも「×」が表示されています。
05-200908133.jpg

福岡I.C~豊川I.Cまでの料金は、2,100円と表示されているけど、明細ではちゃんと1,000円が引き落とし予定になっていました。
05-200908135.jpg
 

セサミ40周年で セサミキャラがロゴを飾る

2009年11月 4日 17:02頃のグーグルトップページです。

04-200911041.jpg

次の日からも、いろんなキャラがグーグルロゴとコラボレートしていました。
詳細は、moreをクリック!!
 

12日間の夏休み #33/8日目

豊川I.Cを1,000円で通過するため、15分程度手前にある美合P.Aで90分の時間調整です。 ここで、同じ熊本の帰省先から戻ってきた家族と出会い、しばらく話していました。
04-200908121.jpg

子供達は、普段寝ている時間なので、時間調整中に車内で寝てしまいました。 3人とも、小麦色に日焼けしています。
04-200908122.jpg

到着直前に、この旅行で最高燃費(三木S.Aで満タン)の16.4km/Lを記録したけれど、P.Aでカメラの用意中に16.3km/Lダウンしました。
04-200908123.jpg
 

ご紹介

プロフィール

Author:撮影隊長
フィアット ムルティプラで、
極上輸入車生活を満喫中。
さいたまで、妻子&トイプードルと暮らす。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

これまでの閲覧者数

ブロとも申請フォーム

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。