スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏のGT三部作 #19~ショコラノヲル、どんぐり、えびそば一幻

2012年も終わろうというときに、夏のGT三部作がいよいよ最終話です。

宿泊地の層雲峡は、北海道の中央よりも少しだけ上に位置しています。 本来であれば、紅葉の始まりをロープウェイから望もうと思っていたけれど、残暑厳しい影響で紅葉の色付きも寂しいと情報を得たので、とりあえず札幌を目指します。
31-20120916a.jpg

道中、デコトラが追い越していったので、撮影しました。
31-20120916b.jpg

砂川のハイウェイオアシスでぜひ食べさせたいソフトクリームがあったので寄ってみると、さっきのデコトラとグロリアがいました。 セルシオが整列していたりしていたので、VIPカーのオフ会が行われていたようです。
31-20120916c.jpg

これが、食べさせたかった ショコラノヲルのソフトクリーム です。 濃厚なチョコとミルクで、好評でしたね。
31-20120916d.jpg

しばらくの間、 こどもの国 で遊ばせます。 楽しんでいたので、結果的に札幌で行こうと思っていたところを一箇所取りやめました。
31-20120916e.jpg

31-20120916f.jpg

31-20120916g.jpg

どんぐりのちくわパン で、遅めのランチです。
31-20120916h.jpg

新千歳空港のえびそば一幻 で、えびみそを食べさせます。 これは美味いですよ。 本店のように濃い味ができれば更にいいんですけどね! そして、えびおにぎりも忘れずに頼みました♪
31-20120916i.jpg

この後で、買い物やお土産に付き合って、お別れしました。
2泊3日で、700km弱を1回給油で走りきりました。

7~9月の間に、北は北海道の最東端の納沙布岬から、南は熊本県まで移動して、3回のGTを終えて5000km以上を走りきりました。 子供たちは、途中で新幹線で浜松往復なんぞしているので、更にいい経験をしているんですね。
リアルタイムとは言わないけれど、季節感を損なわないようにしなくちゃ…。
この冬の間は、出かけることも少ないので、ブログの内容を追いつかせたいと思ってます。

北海道の歩き方2013 (地球の歩き方ムック 国内 1)
ダイヤモンド・ビッグ社
ダイヤモンド社 (2012-03-15)
売り上げランキング: 214,779

【送料割引】えびそば一幻食べ比べセット(みそ・しお)

価格:1,890円
(2012/12/31 23:31時点)
感想(5件)




スポンサーサイト

よいお年を!

2012年12月31日 15:50頃のグーグルトップページです。
31-20121231a.jpg

マウスカーソルをGoogleのロゴ上に移動してイベント名を確認したら、
よいお年を!』と表示しました。
31-new_years_eve_2012_-_non_english_version-992008-hp.jpg

ウィキペディア(Wikipedia)で大晦日』を調べると、由来、行事、番組 について多くのことを執筆してありました。


朝日名人会ライヴシリーズ66::志の輔らくごのごらく6 「帯久」 [ 立川志の輔 ]

価格:1,964円
(2012/12/31 18:49時点)
感想(2件)





夏のGT三部作 #18~旭山動物園

9月15日は、札幌から旭川へ移動して、旭山動物園で一日楽しみました。
駐車場が東口になったので、上から下に移動しながら観て行ったけど、一旦下に下りて登りながら観たほうが楽ということに気付いたよ。

モニュメント前で撮影しました。
31-20120915a.jpg

しっぽのしましまが可愛いですね。
31-20120915b.jpg

チンパンジーを観る将来のゴリラの息子。
31-20120915c.jpg

オラウータンのもぐもぐタイムです。 この数日後、脱走して数時間後に戻ったとニュースになっていましたね。
31-20120915d.jpg

おさるさん。
31-20120915e.jpg

しろくま。
31-20120915f.jpg

31-20120915g.jpg

ぺんぎん回廊。
31-20120915h.jpg

31-20120915i.jpg

31-20120915j.jpg

ペンギン回廊で動画を撮ってみました。


アザラシ館で、水筒を上下に泳ぐあざらしを観る子供たち。
31-20120915k.jpg

脱走したフラミンゴは、その後どうなったんでしょうか?
31-20120915l.jpg

とら。
31-20120915m.jpg

知床で見れなかったひぐま。
31-20120915n.jpg

レッサーパンダ。
31-20120915o.jpg

シンリンオオカミ。
31-20120915p.jpg

丁度観終わって、駐車場でムルティプラに乗り込んだところで、夕立が降り始めました。 層雲峡の ホテル大雪 を目指しました。 チェックインするときに子供たちの記念撮影です。
31-20120915q.jpg

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ スペシャル・エディション [DVD]
角川エンタテインメント (2009-07-15)
売り上げランキング: 9,217

北海道上川ラーメン(乾麺 生めん仕立て)【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_のし】【happy-new-0101-07】

価格:1,050円
(2012/12/31 17:45時点)
感想(0件)




夏のGT三部作 #17~かねひろ、白い恋人パーク、トリトン

いよいよ、夏のGT三部作も最後の章「札幌、旭川」です。

9月14日に家族が北海道にやってきて、5人で2泊3日の旅行を楽しみました。

空港からの移動中に、早速、撮影隊員が458イタリアを撮影しました。
30-20120914a.jpg

お昼ご飯は、美しが丘にある かねひろ 羊ヶ丘通店 でジンギスカンを食べました。 一丁前にチビ隊員3人とも大人と同じ量を食べれるようになっています。
30-20120914b.jpg

食べ終わると 白い恋人パーク へ行きました。 6月に上の娘と行って以来です。 今回も巨大な白い恋人のデコレーションを楽しみました。
30-20120914c.jpg

さて冷やして完成しました。 このあとで、パッケージにいれてお土産の出来上がりです。
30-20120914d.jpg

作った白い恋人を手にして、記念撮影です。
30-20120914e.jpg

白い恋人ソフトクリームで一息入れます。
30-20120914h.jpg

中庭で、撮影してもらいました。
30-20120914f.jpg

花の中に下の娘が現れました。
30-20120914g.jpg

パーク内にあるお菓子の家っぽいあたりです。
30-20120914j.jpg

ホテルに向かう途中、トリトン 札幌栄町店 で、早めの晩御飯です。 6時台の入店だったので、最後のボックス席に待ちなしで座れました。
30-20120914k.jpg
最初に頼んだのは、隊長が好きな貝の三種盛をダブルで。 子供たちもそれぞれに食べたい物を遠慮せずに注文していました。
30-20120914l.jpg

一泊目は、札幌市東区にある ホテル シャトレーゼ ガトーキングダム です。 チェックインすると早速プールに向かいます。 調子に乗って、息子を泣かせたことは反省します…。 写真は、エレベータから見えたレストランの風景です。
30-20120914m.jpg

北海道の歩き方札幌・小樽・富良野・美瑛・旭川 2013 (地球の歩き方ムック 国内 2)
ダイヤモンド・ビッグ社
ダイヤモンド・ビッグ社 (2012-05-30)
売り上げランキング: 241,443


札幌 小樽 旭山動物園 (ココミル)

ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 149,711



夏のGT三部作 #16~さぁ、戻るよ。さいたまへ!

夏休み 8月17日。

熊本を後にしてさいたまへ向かうため、深夜3:21に九州自動車道に入りました。
子供たちは寝ている中、佐波川S.Aまで一気に走り給油をしても、子供たちは寝たままです。
6:17。出発時にキンカンがいたので撮影。
29-20120817a.jpg

しばらく走ると全員起きたので、小谷S.Aでトイレ休憩。

11:35。次に停まったのは、西宮名塩S.A。丁度渋滞の最後尾がここでした。
たこ焼き。
29-20120817b.jpg

ソフトクリーム。
29-20120817c.jpg

再出発して、大津S.Aの手前まで、だらだらと渋滞でした。
13:26。ようやく渋滞を抜けました。
29-20120817d.jpg

15:18。亀山JCT辺りでストップ&ゴーが混ざるだらだら渋滞に引っかかりましたが、ようやく伊勢湾岸道を通過しています。
29-20120817e.jpg

東名が御殿場から渋滞していて、到達予定時間が2時間以上遅延するとわかったので、撮影隊員の実家で停まろうかと思ったけれど、残りの休みを有効に使いたいので渋滞の列に入りましたよ。
29-20120817f.jpg

21:01に東京料金所をようやく通過して、21:54に本宅に無事到着できました。
29-20120817g.jpg

■熊本→さいたまへ戻ってくるのに、18時間57分かけて1208km走りました。
■この夏のデミオGTの総走行距離は、3432kmです。

ああ、人生グランド・ツーリング (NAVI BOOKS)
徳大寺 有恒
二玄社
売り上げランキング: 265,602

首都圏B級グルメドライブ (昭文社ムック)

昭文社 (2012-10-15)
売り上げランキング: 383,086




2012年12月28日のクルマ雑誌

CG (カーグラフィック) 2013年 02月号 [雑誌]

価格:1,400円
(2012/12/28 07:24時点)


webCG目次詳細
2012年レビュー:新型車のすべて
特別付録① 創刊50周年記念 スペシャルDVD Vol.5 映像で振り返る 2012世界の新型車トップ12
◆FOUR AT THE CORNERS
 ・PAPER MUSEUM
 ・田中誠司 / Georg Kacher / John Lamm / 菊池武夫
 ・BREAKING NEWS
 ・NEWS JUNCTION
 ・NEW COMERS
 ・SUSHI & CHIPS/SUMMING UP | Peter Nunn

SPECIAL I CAR GRAPHIC AWARD 2012
 12ベストカー紹介:スバルBRZ/ポルシェ・ボクスター/メルセデス・ベンツSLクラス ポルシェ911カレラ/マクラーレンMP4-12C/BMW3シリーズ/レクサスGS フォルクスワーゲンup!/プジョー208/アルファ・ロメオ・ジュリエッタ マツダCX-5/ランドローバー・レンジローバー・イヴォーク 結論/2012年登場車種全車紹介
◆SPECIAL Ⅱ ロータリー・エンジン45年の秘話
 山口京一のロータリー研究史/マツダRX-8/貴島孝雄が語るコンペティション・ロータリー/マツダファンフェスタ2012
◆SPECIAL ⅢUS CARS 2013②:GMの今
 ・キャデラックATS/GMのグローバル戦略/シボレー・ソニック/シボレー・コルベットZR1/ロサンジェルス・ショー2012
 ・児玉英雄ギャラリー

◆GROUP TEST
 メルセデス・ベンツCL550 4MATIC ブルーエフィシェンシー・シューティングブレーク vs アウディS7スポーツバック
◆ROAD IMPRESSION
 ・ミニ・クーパーSペースマン
 ・ジャガーXF & XJ シリーズ
 ・ルノー・クリオ
 ・シトロエンDS4
 ・プジョー208

◆NEW MODEL
 ・トヨタ・クラウン
 ・スバル・フォレスター
 ・ホンダN ONE
 ・無限CR-Z
 ・パナソニック・ストラーダ“Lシリーズ”
 ・メルセデス・ベンツテックデー2012
 ・アウディAGチーフデザイナーに訊く/アーバン・フューチャー・アワード
 ・クルマはかくして作られる―― アルミ押出成形技術
 ・レクサスLFAの衝撃吸収部材の設計と生産
 ・特別企画展「TOYOTA 75」
 ・タルボ・ラーゴ
 ・メルセデスAMGとコンチネンタルのコラボイベント
 ・スーパーFJ日本一決定戦に挑んだ久保凛太朗
 ・webCG通信

◆LONG-TERM TEST
 ・フォルクスワーゲンup!/アルファ・ロメオ・ジュリエッタ
 ・中西孝樹の自動車経済学入門
 ・A BIT BEHIND THE TIMES

◆LONG RUN IMPRESSION
 メガーヌ ルノー・スポール トロフィー Ver.SiFo 300ch/マツダCX-5 XD/トヨタ86 GT/アウディA6アバント
◆CG2020
 マツダ・デミオEVに乗る/フランスEV事情/ホンダ最新技術説明会/LEADERS’ PERSPECTIVE/WARNING LAMP/2020NEWS
◆THE GARAGE PRESS
 ・THIS MONTH'S TOPIC/CLUB NEWS/王者の守護神/BOOK REVIEW/
 ・CLIP BOARD/PRESENT/CG TV通信/THEN AND NOW
 ・世界の道を走る/匠の独り言/二輪のススメ/スポンサーロゴ・マニア/
 ・高島鎮雄 機械式時計への誘い/コニサーズ・チョイス
 ・この人この一台:小松政夫/自動車望見 第62回/レーシング・レジェンズ/
 ・駄車・名車・古車 デザイナー的見解

◆MOTOR SPORTS
 ・新生 童夢:鮒子田 寛新社長に訊く
 ・2012 マカオGP
 ・F1アメリカ+ブラジルGPリポート
 ・Simon Says...
 ・ラリー千夜一夜
 ・MOTOR SPORTS NEWS
 ・TEST DATA/価格一覧/統計/FROM DESK





2012年12月27日のクルマ雑誌

ENGINE (エンジン) 2013年 02月号 [雑誌]

価格:880円
(2012/12/31 18:53時点)
感想(0件)


◆新潮社:エンジンHP目次詳細

◆巻頭特集:決定! エンジン編集部選、2012年のベスト・カーはこれだ!
世界でも日本でも、政治と経済が大きく揺れ動き続けた2012年。 身近なところでも、賃下げ、増税、就職難……と、なんだか景気の悪い話ばかりで、あまりいい年ではなかったという印象を持っている人が多いのではないか。 しかし、それでも終わってみれば、ことクルマの世界に関しては、とりわけ輸入車の分野で、ハッとさせられる新型車が数多く登場した年だった。 もはやエコは当たり前、ダウンサイジングして燃費を切り詰めた中でいかにクルマ本来の走る楽しみを打ち出していくか、の点で、輸入車が日本車にはない新しい発想を次々と実現して見せたのだ。 その中から、エンジン編集部がこれぞと思うベスト・カー10台を選んだ。

◆◆第1部 編集部のクルマ担当5人によるスペシャル座談会
・2012年は輸入車が百花繚乱の年だった。 気がつけば、世の中、売れているのは小さなクルマばかり。 でも、売れているからと言って、僕たちが小さなクルマに心ひかれることはない。 そこに、小さなクルマでしか手に入れられない何かがあるから、心ひかれるのだ。そんな魅力を秘めたスモール・カーを11台選びだし、ふさわしい風景の中で撮った写真と愛する人が書いた推薦文で、その魅力の秘密を解きあかすことにした。 自分のライフスタイルにもっとも合うクルマはどれか。一緒に見つけ出して欲しい。
◆1台目 レンジローバー・イヴォーク 惚れ惚れする驚愕のデザイン
◆2台目 ポルシェ・ボクスター こんなお買い得なスポーツカーはほかにない。
◆3台目 ポルシェ911 新たな次元に到達した911
◆4台目 アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 脚の速いバックシャン。駆って楽しいアルファ万歳。
◆5台目 BMW 3シリーズ 盤石。ディーゼルが白眉。
◆6台目 マクラーレンMP4-12C 飾り気なしの最速スポーツカー!
◆7台目 フォルクスワーゲンup! 小さいクルマのお手本だ!
◆8台目 メルセデス・ベンツSL これぞまさしく“あがり”のクルマ
◆9台目 アウディS6 いったいどこまで進化するんだ!
◆10台目 プジョー208 デザインが飛び抜けている!

◆第2部 オジサンは怒っている! 本音ぶちまけ座談会。
・がんばれ、日本車! 2年前に同じ企画があったような……気がしたけれど、やっておかねば年も明けますまい。 ということで、日本車の1年を振り返る本誌サイトウ独断暴走企画、ぶちまけ座談会。 前回と同じく、ゲストは佐野弘宗と小沢コージ。彼らは暴走オジサンにいかに対抗したのか?

◆第3部 エンジン関係者67人に4つの質問をしました。
・2012年を締め括る大アンケート! 本誌でおなじみの自動車ジャーナリスト、コラムの執筆陣、カメラマン、さらにはモデルとして登場したミュージシャンまで、総勢67人に4つの質問をしました。 2012年を浮き彫りにする、9ページにおよぶ大アンケートです!

◆第4部 本誌ファッション・ディレクターが選んだクルマは?
・2012年度、祐真朋樹が選ぶ極私的ベスト・カー 今年も本誌ファッション・ディレクター祐真朋樹が選んだ、2012年のベスト・カーを紹介する。 今号で31回目となった本誌連載「乗る車×着る服」に登場したクルマからセレクトした

◆第5部 第1回 エンジン“人とクルマの写真”グランプリ発表
・2012年6月号よりスタートした連載“ENGINE GALLERY”では、“人とクルマのいい関係”をとらえた写真を読者から公募してきた。 編集部に寄せられた力作、珍作(?)の中から、グランプリ、準グランプリを選定。写真評論家、飯沢耕太郎氏の選評とあわせて紹介します。

◆海外試乗スペシャル メルセデス・ベンツ4WDモデルに冬のオーストリアで乗る。
・雪山からレース・トラックまで、4マチックで行こう! メルセデス・ベンツ4WDモデルの走りを体感するイベントが、オーストリアのチロル地方で開かれた。 2012年夏にフルモデルチェンジしたばかりのGLクラスをはじめ、新型GLKやCLSシューティングブレーク、さらには2013年にデビューするCLAのプロトタイプまで、4つの4マチック・モデルを、山道、雪道、テスト・トラックで、試乗ないし同乗試乗した。
◆#1 マゼラーティ史上最速を誇るグラントゥリズモ・スポーツ、日本上陸! これぞ粋な大人のクルマだ!
 ・ノーマルのグラントゥリズモとMCストラダーレの間に位置する“S”の後継となるモデルがグラントゥリズモ・スポーツだ。高い快適性とダイナミック性能を両立したそれに試乗した。
◆#2 新型エンジンと8段ATを得た新型ジャガーXJとXFに乗る。 バック・トゥ・フロント
 ・ジャガーの主力エンジンが入れ替わった。V8に代えて過給V6、V6に代えて過給直4。 ジャガーはふたたび時代の先端に躍り出た。
◆#3 メルセデス・ベンツCLSにワゴンが登場! その名は“シューティングブレーク” 粋人のためにある。
 ・プレミアム・ブランドに4ドア・クーペ・ブームを巻き起こしたCLSの次の手はシューティングブレーク。カッコいいワゴンはいかがでしょう。
◆#4 4年半ぶりの新型クライスラー2台に乗る。 ちょっと大人の雰囲気です!
 ・フィアット・クライスラー・ジャパンとなって初めて導入するクライスラーはフルサイズ・セダンと小型ハッチバック。仕切り直しの2台はオシャレな大人が似合いそう。
◆#5 伸びやかなラインを描くワゴン・ボディを得たルノー・メガーヌ・エステートに乗る。 優れた長距離ツアラー
 ・ルノー・メガーヌがマイナー・チェンジした。 GTライン1本の展開になる一方で、ワゴン・ボディが選べるようになった。
◆#6 フルモデルチェンジしたスバル・フォレスターに乗った! 最高傑作か!?
 ・新型フォレスターはコンパクトSUVの注目株。目玉は280馬力の2リッターターボ。 そのデキやいかに

ENGINE NEW CAR SPECIAL/CADILLAC ATS 第2回 新型キャデラックATSについて知っておくべきポイント シャシーは聖地、ニュルで鍛えた!
 ・キャデラック ATSをフィーチャーする4回のシリーズの第2回。 3月に日本導入されるプレミアム・セダンのポイントとは?
◆SPECIAL REPORT アルペン・クラシックカー・ラリー2012 至福の愉しみ
 ・11月15日から17日の3日間にわたって群馬県の伊香保周辺を中心に「アルペン・クラシックカー・ラリー2012」が開催された。 これまで何度も旧車のラリー・イベントに出場した九島辰也がその魅力を語る。
◆◆ENGINE名物!CAR PEDIA 毎月のクルマ・トピックを国別にまとめることで一目瞭然! 各国情報は編集部の担当案内人が責任編集する!クルマ界の森羅万象を丸ごと飲み込む本誌の器がカー・ペディアだ!
◆ヤナセ、新社屋が竣工!
 ・日本における輸入車の販売とサービスを支え続けてきたヤナセの新社屋が完成。 内覧会を兼ねた記者発表会が開かれた。
◆日本篇 トヨタの国内専用車の旗艦、クラウンが新しくなった。
 ・国内専用車の旗艦、クラウンが新しくなった。 主力は2.5リッター直4ハイブリッド!
◆ドイツ篇 ザ・ビートル・カブリオレに米西海岸で乗る。
 ・すでに半年前の北京モーターショウでプロトタイプが発表されていたザ・ビートルのオープン仕様が正式デビュー。 ミニ試乗会が開かれた。
◆イギリス篇 カナダでフリーランダー2を試す。
 ・フェイス・リフトを行ったフリーランダー2の2013年モデル。 注目はイヴォークで実績のある2リッターターボ・エンジンの搭載だ。
◆イタリア篇 北米で車種拡充に取り組むフィアット
 ・現在、前年に対して2.3倍という販売台数で波に乗るフィアット。 新たな援軍を得て、悲願の北米市場での成功へ挑む。
◆アメリカ篇 世界ツーリングカー選手権、最終戦
2012年で世界ツーリングカー選手権(WTCC)から撤退するシボレー・ワークス。 最終戦で2冠3連覇を達成した。
◆フランス篇 6段ATを得たシトロエンDS4に試乗。
 ・変速機が変わっただけで、印象一変。 これ、注目していい1台ですよ。

◆ENGINE EYEWEAR SPECIAL:driver's eyes 2013 2013年のアイウェア、どんなスタイルを選ぶ? モードでいくか、クラシックでいくか。
◆ENGINEおすすめのアイウェア・カタログ
◆レーシング・ドライバー松田秀士さんがタレックスを試す。 偏光レンズはカラダにいい!
◆アイウェアの注目トピックス
◆モードでクールなサングラス SO COOL!!
◆セクシーな車とエレガントな男、スタイリスト・祐真朋樹の提案! 乗る車×着る服 #31 Morgan Plus 4× Dolce & Gabbana
◆ENGINE FASHION CLUB 男をアゲる、レザーグッズ!
◆カラダ改造計画2013 レーシング・ドライバー松田秀士のスロー・エイジングでいこう あなたのカラダに役立つサプリメントを知ろう!
◆ENGINE GOLF #33 メルセデス好きのためのゴルフ・ギア、デビュー!
 ・メルセデス・ベンツのドイツのデザイン部門の意見を組み入れた、こだわり抜いたゴルフ・コレクションが新登場! 約2年の長年月をかけて考え抜かれた商品の数々は、ベンツ・ファンならずとも、物欲をかき立てられる逸品揃いだ。
◆ENGINE GALLERY 人とクルマのいい関係を求めて 第9回 「VWゴルフに描かれた“スマイリーフェイス”」
 ・パリ・バスティーユ地区に駐車されていたVWのゴルフ。 雪で覆われたクルマのサイド・ウィンドウには、世界共通の幸せを呼ぶマークが描かれていた。 その可愛らしくもウイットに富んだ写真は、見る者の笑顔を誘わずにはいられない。
◆ENGINE beat for BREITLING #102 われらブライトリング・ラバーズ! #18 日本一、エアロスペースを評価する男とは?
 ・旅の供にはもう、これ以外は考えられない。  どこかで見たことがある人だな、と思われたらそれは大正解。 本誌でもお馴染の自動車ジャーナリスト、金子浩久さんは、じつはクルマと同じくらいにブライトリングが大好きなのだ。 惚れぬいて買った2本のブライトリングを使い分ける金子さんだが、海外出張には欠かせないのが、「昔は好きではなかった」という「エアロスペース」だ。
◆WATCH for Car Lovers BMWの名を冠するスタイリッシュ・ウォッチ、デビュー!
 ・走り続ける“男”の腕に 先進の機能と隆盛なデザインを身にまといつつも、官能的で熱い走り、というクルマの本質を忘れない自動車ブランド、BMW。その名を冠した、熱い走りを髣髴とさせる新作腕時計が産声を上げた。「BALL for BMW」というその時計は、BMWの名に恥じない。
◆ENGINE WATCH CLUB 自社シャリバーを搭載する各社自慢の定番&新作、厳選31本
 ・2013年は中身に注目! 時計だって“エンジン”が大切なのだ 数多の時計ブランドの中で、わずか一握りに過ぎなかった“マニュファクチュール”と呼ばれる自社一貫生産メーカーが急激に増加している。 独自の発想を盛り込み、見かけも機能もオリジナリティにあふれる自社製のエンジンを搭載する、エンジン時計班が2013年に注目するマニュファクチュール自慢の定番&新作時計を紹介しよう。
◆ENGINE BOOK REVIEWS SPECIAL エンジンが選んだ年末年始に読みたい本10選
 ・時計、食べ物、鉄道、自然など、なにかに深くこだわった人の人生は本当に面白い。 エンジン選の10冊を読んで、趣味を見つけてはいかがだろう。




よいお年を!

2012年12月25日 8:30頃のグーグルトップページです。
25-20121225a.jpg

マウスカーソルをGoogleのロゴ上に移動してイベント名を確認したら、
よいお年を!』と表示しました。
25-holiday_series_2012_2-999005-hp.jpg





夏のGT三部作 #15~田原坂、ヒライ、木登り、くまモン、煌

夏休み 8月16日。

朝から田原坂にかぶとむし、くわがた採りに行ってきました。
25-20120816b.jpg

こんな茂みの中にある樹にいるんですよね。
25-20120816a.jpg

神社の樹に登ったけれど、勝手に上まで登っていけるようになっていたけれど、撮影するため降りてもらいました。
25-20120816c.jpg

お昼のクラシックのお供は、ちくわサラダとその他揚げ物です。
25-20120816d.jpg

くまモンのお土産を買いにきたところに、くまモンアプリ「くまフォト」で、子供たちを撮影しました。
25-20120816e.jpg

隊長も子供に撮ってもらいました。
25-20120816f.jpg

自動販売機では、まだ JR北海道のKitaca は使えないようです。
25-20120816g.jpg

夕ご飯は、中国料理の煌 を訪問しました。 玄関マットがくまモンでした。
25-20120816h.jpg

娘がサーブできるようになり、隊長は楽をさせてもらいました。
25-20120816i.jpg

くまモン、どこ行くの?

飛鳥新社
売り上げランキング: 1,854

中華なフィンガーフード・50のレシピ: ひと口サイズのパーティー料理
浜 裕子
誠文堂新光社
売り上げランキング: 26,158



ホリデーシリーズ その1

2012年12月24日 15:50頃のグーグルトップページです。
24-20121224a.jpg

マウスカーソルをGoogleのロゴ上に移動してイベント名を確認したら、
『ホリデーシリーズ、その 1』と表示しました。
24-holiday_series_2013_1_-998005-hp.jpg


【グルメ大賞2011受賞】ランキング1位★メガ盛り究極の訳あり!A5等級国産黒毛和牛切り落とし1.050kg【送料無料】【楽ギフ_のし宛書】【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】【10P22Nov12】

価格:4,980円
(2012/12/24 22:15時点)
感想(4282件)



【在庫有/即納】Panasonic パナソニック 録画機能付テレビドアホン 夜でもカラーで確認!LEDライト付玄関子機VL-SV36KL/VL-SV36KL(電源コンセント式)

価格:14,400円
(2012/12/24 22:22時点)
感想(47件)





夏のGT三部作 #14~ミサロッソ、吉野ヶ里遺跡

夏休み 8月15日。

日本本土最西端を訪問した帰りに、まず立ち寄ったのは佐世保バーガーのミサロッソです。
24-20120815a.jpg

左から、ベビーモンスター(チビ隊員2号),ベーコンエッグチーズ(チビ隊員1号),ミサモンスター(隊長),ベーコンエッグチーズ(チビ隊員3号)です。
加えて、ポテトのLサイズを1つ頼みましたが、全員満腹になりましたね。
とても美味しく、ごちそうさまでした。
24-20120815b.jpg

長崎自動車道川登SA(上り)で、カステラソフトを食べるために寄りました。
24-20120815c.jpg

吉野ヶ里遺跡に到着しました。 暑いけれど、歩き回ります。
24-20120815d.jpg

雄大な景色の向こうに歴史が広がってますね。
24-20120815e.jpg

顔出しパネルで記念撮影。
24-20120815f.jpg

銅鐸です。
24-20120815g.jpg

杓子やお猪口の土器です。
24-20120815h.jpg

弥生人の平均身長は、150cmだったそうです。
24-20120815i.jpg

弥生土器に触ってみました。
24-20120815j.jpg

亀棺の前で笑っている子供たち。
24-20120815k.jpg

これからは本格的に外を歩き回ります。南内郭の展望台にて。
24-20120815l.jpg

24-20120815m.jpg

敵の侵略を防ぐための川跡が塀の外に巡らされています。
24-20120815n.jpg

竪穴式住居の中です。
24-20120815o.jpg

北内郭の入り口です。 でっかい建物(主祭殿)の下が休憩所になっていて、ミストシャワー(扇風機にホースの水)が気持ちよかったです。
24-20120815p.jpg

主祭殿の近くにある高床住居で、最高司祭の住居と説明があります。
24-20120815q.jpg

ねずみ返しです。
24-20120815r.jpg

自分へのお土産に佐賀牛のレトルトカレーを買いました。

夜のクラシックのお供は、残りの馬刺しですね。
24-20120815s.jpg


邪馬台国とは何か 吉野ヶ里遺跡と纒向遺跡―石野博信討論集
石野 博信 森 浩一 山尾 幸久 青山 茂 水野 正好 田中 琢 橋本 輝彦 辰巳 和弘 黒田 龍二 西谷 正 下條 信行 高島 忠平 木下 尚子 田川 肇 高橋 徹 奥野 正男 真野 響子
新泉社
売り上げランキング: 584,808



ご紹介

プロフィール

撮影隊長

Author:撮影隊長
フィアット ムルティプラで、
極上輸入車生活を満喫中。
さいたまで、妻子&トイプードルと暮らす。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

これまでの閲覧者数

ブロとも申請フォーム

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。