スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年1月26日のクルマ雑誌

ENGINE (エンジン) 2013年 03月号 [雑誌]

価格:880円
(2013/1/27 11:03時点)
感想(0件)


◆新潮社:エンジンHP目次詳細

巻頭特集:“ジキルとハイド”な2台持ちの男たち。
年の初めの恒例企画、クルマは2台持つともっと楽しい。 今年のテーマは、「ジキルとハイド」です。 すなわち医学と法学の博士号を持つ高潔な紳士たるジキル博士が、実は殺人事件まで引き起こす邪悪な性格のハイド氏と同一人物だったように、クルマ好きのココロの中にも、まったく性格の違う複数のクルマに魅せられる多重人格的要素があるではないか、という命題の実証報告であります。 たとえば、この写真をご覧ください。 ここはクルマ屋さんではありません。 ホンダ・ステップバンからトヨタ2000GT、果てはフェラーリ288GTOまで、すべては一人のオーナーの内的欲望の実現なのです。 では、さっそく多重人格的クルマ好きの内面を覗いてみることにしましょう。

◆ホンダ・ライフ・ステップバンからフェラーリ288GTOまでの瀬谷孝男さん 全車、車検取ってます。
40年間以上に亘り、ジキルとハイドを交互に迎え入れてきた結果、瀬谷さんのガレージは旧車と最新のスポーツカーがバランスよく混在する私設ミュージアムとなった。
◆ナロー・ポルシェとホットロッドを愛する佐藤和貴さん 簡単じゃないから面白い!
こなた、精緻という言葉が似合うドイツのスポーツカー、ポルシェ911。かなた、V8を豪快に轟かせるカスタム・カーのホットロッド。 見た目も性格もまるで違う両車を持つオーナーに愛する理由を訊いた。
◆ディーノ246gtとアルピーヌA110、そして、MGに乗る麻沼 恵さん ゴルフにもディーノで行きます
傍から見たらハイド4台にしか見えないラインナップだが、オーナーのなかではしっかりジキルとハイドが線引きされていた。 ハイド的なクルマのなかに潜んでいるジキル的な要素を見つけることが楽しいという。
◆オースチンとA35とデ・トマソ・パンテーラに乗る増田吉光さん 理知と官能を味わいたい
漆黒のボディとV8の豪快なサウンドがハイド氏のようなデ・トマソ・パンテーラ。シックなスタイルがいかにも英国紳士、ジキル博士のようなオースチンA35。 すっとイタリア車&イギリス車の2台持ちだったオーナーにその魅力を訊いた。
◆オースチン・ヒーレー・スプライト・マークIとメルセデス・ベンツ230TEに乗る西田夫妻 方向性が違うから楽しい。
地下駐車場に佇むブリティッシュ・スポーツカーとメルセデスのワゴン。御主人用のヒーレーと奥様用のメルセデス?と思いきや、意外とそうでもないようで……。
◆アバルト500エッセエッセとシトロエンC6とマツダR360クーペに乗る飯田克己さん 落差があるほどオモシロイ。
ラグジュアリー・カーとスポーツカーの組み合わせは定番だけど、どうしても小さな360cc時代の軽自動車も外せない、という飯田さん。 彼のジキルとハイドな組み合わせは、まるで永久機関のようにくるくると回っている。
◆ダイハツ・ネイキッドとクラシック・ミニとモーク・スポーツに乗る國納由弘さん ぴったりサイズのカクマル・コンビ。
葉山の静かな住宅街にあるオーナーによるハーフ・ビルド・ガレージは目の前の道路と裏を流れる川に挟まれ、奥行きが少々短めだ。 しかし愛らしいクルマとバイクたちが、ぴたりとそこへ収まっていた。
◆アルファ・ロメオ75ツインスパークとダイハツ・ハイゼットを愛する陶芸家、川尻 潤さん みやびとひなび!
京都在住の陶芸家、川尻 潤さんは大のクルマ好き。 雅なイメージのアルファ・ロメオと、ひなびた軽トラックは、本当によく壊れるけれど、そこが楽しい! という。
◆シトロエンSM、同CXターボとホンダ・インサイトに乗る奥野雅宏さん。 実は似た者同士の日仏車!?
フレンチ・スポーツのSMとCXターボ、2台のシトロエンがハイド氏で、まじめなエコ・カーの初代インサイトがジキル博士。 だろうと思ったらこれが大間違い。 人間心理は奥が深い!

◆(1)生まれ変わったマゼラーティ・クワトロポルテに仏ニースで乗る。 重厚にして軽快、の妙!
10年ぶりにフルモデルチェンジしたマゼラーティの旗艦クワトロポルテ。 より大きく立派になりながらも大幅に軽量化したボディに新しい3.8リッターV8ターボを搭載した新型を、冬のニースでテストした。
◆(2)新型SRTヴァイパーにサーキットで乗る。ピュア・スポーツに生まれ変わった! 重厚にして軽快、の妙!
1992年に登場した初代ダッジ・ヴァイパーは、打倒コルベットを目標に掲げたマッスル・カーだった。 第2世代の生産終了から2年。新たに甦った新型ヴァイパーはいかなるものか? アメリカ、アトランタのサーキットで開かれた国際試乗会から報告する。
◆SRTシリーズの2台が日本上陸! アメリカンV8万歳!
日本で4年半ぶりとなるクライスラーのニュー・モデル、300にハイ・パフォーマンス・モデルが追加された。 グランドチェロキー版と合わせてテストした。
◆マツダ・スカイアクティブ・シリーズの本命、新型アテンザに乗る。 欧州車を追い抜いた!?
昨年末にガソリン、そして年明けにディーゼル、4台の新型アテンザに乗って、思った。 やっぱり、ディーゼルのワゴンがイイ。
◆好調スバルのコンパクト・クロスオーバーSUV、XVに乗った。 実は本格的です!
インプレッサがベースのクロスオーバーSUVとして登場したXV。“なんちゃって”じゃありません。
◆番外篇 ハーレー・ダビッドソン2013年モデルのツーリング試乗会に参加した。 運転というよりは体験!
ハーレー・ダビッドソン最新モデルの試乗会が九州・宮崎で開催された。 何台ものニュー・モデルに乗り換えながら南国をツーリングした。 自動車ジャーナリスト、森口将之が最新ハーレーの魅力を報告する。
◆ENGINE NEW CAR SPECIAL CADILLAC ATS 第3回 新型キャデラックATSをファッションとコラボレートする
力強くて、センスもいい
今年3月に発売されるキャデラック ATSの魅力をさぐる4回シリーズ。 第3回はスタイリスト、森岡 弘がキャデラック ATSのイメージに合ったファッションをコーディネートした。 アメリカ的な芯の強さとヨーロッパのセンスを組み合わせる。
◆アウディ・ドライビング・エクスペリエンス・イン・北海道 クワトロの醍醐味を堪能!
アウディといえばクワトロ、というくらいにこのメーカーの先進性の象徴となった4駆システム。 その実力のほどを北海道の雪上試験路で体験した。
◆フォード・マスタング2013年モデルをサーキットで乗る。 軽快です!
ワイルドでアグレッシブ、ちょっと悪っぽい顔になった2013年モデルのフォード・マスタング。 日本では圧倒的にV8が売れているけれど、ショート・サーキットを軽快に走るV6も魅力的です。
◆TOKYO AUTO SALON 2013 ますます盛んな東京オートサロン、ついに“史上最大”規模に。 アバルト595登場!
朝一番の開場直後から熱気が渦巻く幕張メッセ。 史上最大規模となった東京オート・サロンはまたもや大盛況。 そのなかで見つけた、これはと思うクルマをご紹介します。

◆ENGINE名物!CAR PEDIA 毎月のクルマ・トピックを国別にまとめることで一目瞭然! 各国情報は編集部の担当案内人が責任編集する!クルマ界の森羅万象を丸ごと飲み込む本誌の器がカー・ペディアだ!
◆オークション・ハウスに注目せよ。
テスタロッサが14億円!というとんでもない値をつけるいっぽうでエンスーなクルマが比較的お手頃の価格で落札されています。
◆ドイツ篇 ティグアンFF&クロス・トゥーランに乗る。
国内販売好調なVWに新たに2台のファミリー・カーが加わった。 国産ミニバン&SUVからの乗り換えを狙う。
◆アメリカ篇 新型シボレー・コルベット、デビュー!
アメリカン・スポーツの雄、コルベットがフルモデルチェンジ!第7世代となる新型のお披露目会場から緊急報告する。
◆イギリス篇 ベントレーでスイス・アルプスへ。
スイス・アルプスへ最新ベントレーで向かった大谷達也はベントレー印の付いたスキーまでもテストした。
◆日本篇 デトロイト・ショウで登場したホンダNSXプロト。
デトロイトでお披露目された日本車の目玉、アキュラ(ホンダ)NSXコンセプトに注目せよ!
◆イタリア篇 アバルト595に緊急試乗。
チンクエチェントのアバルトに595シリーズが加わった。 締め切り直前に富士スピードウェイで試乗する機会を得た。
◆フランス篇 メガーヌR.S.専用鍛造ホイール現る。
メガーヌR.S.用の鍛造ロードホイール、ついに完成して、お披露目。

◆セクシーな車とエレガントな男、スタイリスト・祐真朋樹の提案! 乗る車×着る服 #32 Maserati GranTurismo Sport×TOM FORD
◆この春夏のプラダの注目ルックは? スポーティ・エレガンス
◆ボッテガ・ヴェネタの春夏注目ルック、プレビュー! ナチュラル&リラックス
◆ENGINE FASHION CLUB ファッション・ブランドのインテリア・グッズ!
◆ドイツ家具の最高峰、ウォルター・ノルの本社を訪ねた クルマだけじゃないドイツ流“モノづくり”の力
◆WATCH for Car Lovers BMWを愛用するスマートなビジネス・エリートに隠れた意匠、分かりますか?
◆ENGINE WATCH CLUB どこよりも早くお届け! 2013年新作時計速報第1弾! 直径40mmの小宇宙が、さらに研ぎ澄まされてきた!
◆ENGINE WATCH CLUB EVENT SPECIAL 驚愕!! 1億4700万円の腕時計、日本上陸! なんとなくじゃないクリスタル
◆ENGINE GOLF #34 2013年は、ゴルフに夢中になってみては如何? もっと上手くなるために

◆カラダ改造計画2013SPECIAL #1 レーシング・ドライバー 松田秀士のスロー・エイジングでいこう 男のカラダにもメンテナンスを!
◆#2 松田さんの朝食を誌上公開 脳をフル回転させる理想の朝食とは?
◆#3 松田さんが教える5つのカンタン運動 目覚めのトレーニングで筋力アップ!
◆#4 ヨーロッパで大ブームを巻き起こしている日本の発酵食品とは? “イミュナージュ”って知っていますか?
◆#5 コンプレッションウェアからブレンダーまで エンジンが厳選したカラダ改造アイテム12
◆ENGINE GALLERY 人とクルマのいい関係を求めて 第10回“勝鬨橋”が開いている!




スポンサーサイト

七草粥

2013年 1月 7日 2:40頃のグーグルトップページです。
07-20130107a.jpg

マウスカーソルをGoogleのロゴ上に移動してイベント名を確認したら、
七草粥』と表示しました。
07-nanakusa_gayu_7_herb_porridge-1008005-hp.jpg

ウィキペディア(Wikipedia)で七草がゆ』を調べると、概要,詳細(地方での差異) について多くのことを執筆してありました。

日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―
白井 明大
東邦出版
売り上げランキング: 360

こだま フリーズドライ 春の七草 3g×2袋入[こだま フリーズドライ食品 ケンコーコム]

価格:315円
(2013/1/7 23:38時点)
感想(2件)




明けましておめでとうございます!

2013年 1月 1日 17:00頃のグーグルトップページです。
01-20130101a.jpg

マウスカーソルをGoogleのロゴ上に移動してイベント名を確認したら、
明けましておめでとうございます!』と表示しました。
01-new_years_day_2013-983008-hp.jpg

ウィキペディア(Wikipedia)で正月』を調べると、日本の正月、正月の歴史、関連項目 について多くのことを執筆してありました。

会社四季報CD-ROM2013年1集新春号
東洋経済新報社 (2012-12-14)
売り上げランキング: 167

新春 【本日、エントリーでポイント最大13倍】【送料無料】 2013 特選 海鮮福袋(全7種9点入り) 【海鮮/海産物/セット/福袋/かに/カニ/蟹/毛がに/ズワイ蟹/お取り寄せ/北海道/北海道産/ギフト/50%OFF】【楽ギフ_のし】【fkbr-g】

価格:5,980円
(2013/1/1 17:23時点)
感想(0件)




ご紹介

プロフィール

Author:撮影隊長
フィアット ムルティプラで、
極上輸入車生活を満喫中。
さいたまで、妻子&トイプードルと暮らす。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

これまでの閲覧者数

ブロとも申請フォーム

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。