スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年 7月26日のクルマ雑誌

ENGINE (エンジン) 2011年 09月号
◆新潮社:エンジンHP目次詳細

巻頭特集 読者100人が選考委員に加わって、ますますパワー・アップしたエンジン流クルマ・バイヤーズ・ガイド!!2011年度版 HOT100発表!
さいきん、トヨタのアルファードに乗る人と話をした。 かれは、6人家族なのだという。 そうなるまえは、ずっとフォルクスワーゲン・ゴルフに乗っていたけれど、家族で動く必要がアルファードを選ばせた。 クルマ好きのかれの夢はポルシェ911に乗ることだという。 クルマの雑誌を、ため息と夢想とともに見て読むのが毎月の楽しみである、とも。 やはりさいきん、フェラーリ328GTBと、W124型メルセデスのAMG・E60リミテッドとケイタラム・スーパーセブンR500R、そしてトヨタ・プリウスに乗る人とも話をした。 かれもやはり、クルマの雑誌を、ため息と夢想とともに見て読むのが毎月の楽しみである、といった。 こんかいの「HOT 100」では、そういう人たちの、「ため息と夢想」も反映するランキングをつくりたかった。 もちろん、専門家の、専門家としての見識も大事だから、アマチュア100人の選んだ「HOT 5」と専門家25人の選んだ「HOT 20」を総合して、それぞれの得票がほぼ五分五分で反映できるようなランキングをめざした。 真夏のクルマの夢を見ていただきたい。
◆自動車のプロ25人が選ぶ極私的“句”なクルマ・ランキング!エンジン・ホット100ジャーナリスト委員25人の最新版「マイHOT20」はコレだ!
自動車ジャーナリスト22人と本誌記者3人が2011年夏のいま、購入することのできる新車の中から自分が本気で欲しいと思っている、あるいは絶対にオススメであると自信を持って推すことのできる20台を選んだ。 はたしてどんなクルマが選ばれたのか? それぞれのクルマは、各人にとってどんな魅力があるのか?1台1台について、思いのたけを語ってもらった。
◆データ篇 HOT100のリストはいま最も旬なバイヤーズ・ガイドだ!
価格帯別HOT10 読者とジャーナリストの全リストを8つの価格帯に分け、上位10台をご紹介!最もノミネート数が多かったのは○○○○の26台!ブランド別HOT10 全ノミネート308台のうち○○○○が112台!国別ランキング 各国の1位はその国を代表する1台!

◆◆ENGINE名物!CAR PEDIA 毎月のクルマ・トピックを国別にまとめることで一目瞭然! 各国情報は編集部の担当案内人が責任編集する! クルマ界の森羅万象を丸ごと飲み込む本誌の器がカー・ペディアだ!
◆イタリア篇 フェラーリの旗艦“FF”上陸。
◆ドイツ篇 W12搭載のアウディA8L、日本上陸。
日本上陸したアウディA8シリーズの最上級モデルに、3リッターV6搭載の入門モデルと比較しながら乗ってみた。
◆イギリス篇 アストンV12ザガート、実戦投入!!
アストン・ワークスとして2年ぶりにニュル24時間耐久レースに参戦!!
◆フランス篇 ルノー・ウインドがやって来た!
2シーターのクーペ・ロードスター、ルノー・ウインドが導入された。 開発を手掛けたのはルノー・スポール!
◆アメリカ篇 汚さないジープ!?
ジープ・ラングラーの4ドア版、アンミリテッドの2011年モデルを試乗した。
◆スウェーデン篇 クリーンな再出発!
6月29日、東京・台場でサーブの日本正規販売会社、ピーシーアイが新型9-5の発表会を行った。
◆日本篇 注目はハイブリッド!!
プリウスαに遅れること1カ月、先の震災の影響で発売が延期されていたフィット・シャトルがようやく発売された。

◆本誌編集長、鈴木正文の「新・自動車評論」第19回 トゥインゴ・ゴルディーニ・ルノー・スポール パリから来た東京の腕白小僧。
ルノーの高性能車開発部門、ルノー・スポールが、ルノーの最小モデル、トゥインゴの、小粋なスポーツ・モデルを開発した。 懐かしいゴルデイーニのバッヂの霊験は?
◆ENGINE ROAD TEST プジョーの新しい旗艦、508(セダンとSW)上陸。 スポーツ・サルーンである。 文=今尾直樹 写真=小野一秋
昨年秋のパリ・サロンでデビューしたプジョー508の試乗会が開かれた。 407と607の後継とされる新世代のライオンを国内初テスト!
◆「批評的対話」によるザ・比較テスト 第16回 シトロエン C4エクスクルーシブ(275万円)vs ルノー・メガーヌ GTライン(299万円)アンチ・ゴルフ!2台のフレンチ実用ハッチ対決 写真=小野一秋
欧州Cセグメント市場を席捲する王者ゴルフに挑むフランス車2台。 いずれも先代のアバンギャルド路線を捨て、堅実路線に転向した。 片やBMW設計の1.6リッターターボ、一方は日産製2リッター自然吸気を搭載。 今回は最上級かつスポーティな仕立てのモデルで実力を比較した。

◆パテック フィリップが、時計界の最高峰であるその訳とは? 使命は、進化し続けること。 文=菅原 茂 写真=近藤正一
◆パテック フィリップを究める3店 写真=山下亮一
◆ZENITH MECHANICAL TALK 初代プリウスのパワートレイン開発責任者、伝統的機械式時計に触れる!話す人=八重樫武久+ジャン・フレデリック・デュフユール まとめ=森 慶太 写真=山下亮一
◆愉悦に浸れる“個性派”揃い88本!文=菅原 茂 写真=鈴木 勝
◆#1 クルマとタグ・ホイヤーは同義語です!
◆#2 時計界の「フェラーリ」になりたい!文=森 慶太
◆#3 日本のパワーを信じています。文=森 慶太 写真=山下亮一
◆#4 自分がしたい時計を作っただけ。
◆#5 もっと“オンリーワン”を目指します。
◆#6 from G.T.E.(GENEVE TIME EXHIBITION)etc.
◆#7 アートピースと呼びたい。 文と写真=川端由美
◆#8 お好みはドレッシィ? トレンディ?
◆セクシーな車とエレガントな男…、スタイリスト・祐真朋樹の提案! 乗る車×着る服 Lamborghini Gallardo LP550-2 Tricolore×MARNI 写真=秦 淳司 ディレクション&スタイリング=祐真朋樹 ヘア=HIRO TSUKUI メイキャップ=yoboon
◆クラシックであり、前衛でもある。 靴の芸術家。 写真=河野敦樹

◆ENGINE BRANDS FEATURE PRADA 重ね着を愉しむ LAYERED STYLE ディレクション&スタイリング=祐真朋樹 写真=秦 淳司 ヘア=HIRO TSUKUI メイキャップ=yoboon
◆GUCCI ニュー・ダンディ NEW DANDY ディレクション&スタイリング=祐真朋樹 写真=秦 淳司 ヘア=HIRO TSUKUI メイキャップ=yoboon
◆ソニーがお勧めするWindows7. ビスポーク・シューズ職人の第一人者、山口千尋さんに聞く 技術力とアイディアが新しい価値を生む!写真=阿部昌也
◆Goodlookin' Skillet Cookin'Special 男3人のおいしい時間、楽しい空間。 ポルシェとサマーハウスとスキレット。 写真=岡倉禎志


 
スポンサーサイト


Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kattenisatsuei.blog76.fc2.com/tb.php/1622-84285a0a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ご紹介

プロフィール

Author:撮影隊長
フィアット ムルティプラで、
極上輸入車生活を満喫中。
さいたまで、妻子&トイプードルと暮らす。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

これまでの閲覧者数

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。