スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年 6月26日のクルマ雑誌

ENGINE (エンジン) 2012年 08月号
◆新潮社:エンジンHP目次詳細

◆巻頭特集:2012年度版HOT100発表!エンジン・ホット100ニューカーズ!
天候が目まぐるしく変わり、ロケをするにもいささか落ち着かない今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 さて、今年もまた、ホット100の季節がめぐってきました。 編集部の体制が改まって初の選考となる今回のホット100は、“原点回帰”をテーマに進めて行きたいと考えています。 思えば、現在のホット100がスタートしたのは2003年6月。「ワイン批評をなりわいとするロバート・パーカーが単なるワイン好きであるのと同じように、クルマ批評をなりわいとする者もまた、元をただせば単なるクルマ好きに過ぎない」という考えが、企画発想の出発点となりました。 すなわち、プロの自動車ジャーナリストが、いちクルマ好きという自らの原点に立ち戻って、欲望のおもむくままに、自分で買いたいか、あるいは、これは絶対にオススメと心底から思うクルマを選ぶ。 そして、その欲望を集大成し、ランキングすることにより、ホット100という巨大なクルマをめぐる欲望の鳥瞰図が出来上がるのではないか、と考えたのです。 あれから10年足らずのあいだに、クルマを取り巻く状況は大きく変わりました。 もちろん、雑誌業界や自動車ジャーナリズムを取り巻く状況も大きく変わっています。 でも決して変わっていないのは、クルマ批評をなりわいとする我々が、10年前もいまも、やはり元をただせば単なるクルマ好きに過ぎない、ということではないでしょうか。 そこで、今回はぜひとも、もう一度クルマ好きの原点に立ち戻って、“よい、わるい”でも、“正しい、間違っている”でもない、自らの欲望を刺激する、いま最もホットなクルマを選んでいただきたいと思います。 それこそが、エンジンを支持してくれている熱心なクルマ好き読者が、なによりも知りたい情報だと考えるからです。 お忙しいところ誠に恐縮ですが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
◆◆アラウンド・フィフティの委員4人によるスペシャル座談会
◆”欲望”と“羨望”のホット10について語ろう! 語る人=村上 政(本誌)+齋藤浩之(本誌)+清水草一+森口将之 写真=阿部昌也、小野一秋
『エンジン・ホット100』は今年で10年10回目を迎えることになった。 そこで、選者には初心に返って心底欲しいクルマを選んでもらうことにした。 ここでは、上位10台について、今年50歳の男4人があれやこれやを語らった。
◆エンジン・ホット100委員28人の最新版「マイHOT20」全リスト公開! いま、なぜこの20台なのか?
自動車ジャーナリスト25名と本誌記者3名で構成されるHOT100委員の超私的「欲しいクルマ・ランキング」です。「いま、なぜこの20台なのか?」という理由とともにお届けします。 28名がリスト・アップしたクルマは全部で225台。 最も多かったのはドイツ車で78台、最多エントリー・ブランドはメルセデス・ベンツの21台でした。 委員はそれぞれの愛車(予定のクルマも含む)とともに登場しています。 そちらもお楽しみください。
◆ENGINE THE HOT『TAG HEUER CARRERA』スポーツウォッチのHOT1“タグ・ホイヤー”とスポーツカーのHOT1“ポルシェ”に共通するもの “カレラ”という伝説 文=柴田 充 写真=近藤正一
世界一過酷と言われたカー・レース“ラ・カレラ・パナメリカーナ・メヒコ”は、2つの大きな遺産を現代に伝えた。 ひとつは、スポーツカーの雄「ポルシェ911カレラ」、そしてもうひとつは、スポーツウォッチの雄「タグ・ホイヤー」の、今なお中核を成すコレクション「カレラ」だ。

◆ENGINE ROAD TEST #1 BMWからもついに6シリーズがベースの4ドア・クーペ登場。 座れば6、走れば5? 写真=小河原 認
輸入車の日本上陸は、欧州での発売からほとんど遅れなくなった。BMW6シリーズ・グラン・クーペも彼の地を走り始めるのとほぼ同時に、日本へ上陸した。
◆#2 アルミ・ボディを得て生まれ変わった、新型メルセデス・ベンツSL、日本上陸。 オドロキの乗り心地。 写真=望月浩彦
1952年に登場したガルウィングの300SLから数えて6代目となる新型メルセデス・ベンツSLが上陸した。11年ぶりにフルモデルチェンジした新型の走りを試す。
◆#3 パワーアップ、軽量化に加えてハンドリングを磨いた最新のフェラーリ・カリフォルニア、日本上陸。 おっとり感が懐かしい。 写真=小河原 認
今春のジュネーブ・ショウでパワーアップした新型が登場したFRのV8フェラーリ、カリフォルニア。その新型のハンドリング・スペシャル版に試乗した。
◆#4 ポルシェ・パナメーラの最スポーティ・モデル、GTSに乗る。 ほとんどスポーツカー。 写真=望月浩彦
パナメーラ・シリーズ最後のモデル、GTSが日本上陸。その驚異の走りを梅雨の雨空の下で満喫した。
◆#5 カブリオレであることを忘れてしまいそうな911。 ブルブルよさらば! 写真=望月浩彦
ルーフ・ラインがクーペみたいになった新型カブリオレは、乗るとさらに良かった。
◆#6 パサート・バリアント+2.0TFSI+4モーション=オールトラック。 身のこなしが軽い。 写真=小河原 認
1.4リッターターボのFWDだけだったパサートに上位機種となる4WDモデルが加わった。
◆#7 コンパクトなSLKにV8を押し込んだモンスター登場。 リッチ・テイストのSLK 写真=小河原 認
第3のSLKは、濃厚な味わいに満ちた、野獣性を内に秘めた紳士でした。
◆TEST ON THE TRACK ランボルギーニ・アヴェンタドールに袖ヶ浦レースウェイで乗る。 大進化した猛牛の走り 写真=望月浩彦
ランボルギーニの新しい旗艦、アヴェンタドールの試乗会がサーキットで開かれた。その走りの印象は?

◆ENGINE名物!CAR PEDIA 毎月のクルマ・トピックを国別にまとめることで一目瞭然! 各国情報は編集部の担当案内人が責任編集する! クルマ界の森羅万象を丸ごと飲み込む本誌の器がカー・ペディアだ!
◆モナコGPに現れた、復活アルピーヌ。
たんなるお祭り騒ぎであるはずがない。アルピーヌの真の復活は近い!!
◆ドイツ篇 アウディA3に地中海の島で乗る
春のジュネーブ・ショウでデビューした新型A3の国際試乗会が、スペインのマヨルカ島で開かれた。参加した木村好宏が報告する。
◆アメリカ篇 キャディラック・エスカレードに乗る
新たにGMジャパンが輸入販売元となったキャディラック・エスカレード、戦略価格で再スタートです。
◆イギリス篇 熟成したフリーランダー2に試乗
2007年の上陸から早5年。熟成されたフリーランダー2に乗った。
◆日本篇 ついに登場! 2リッターターボ搭載のレガシィ20GT DIT!!
レガシィがマイナーチェンジした。注目は、新開発の直噴2リッターターボを搭載する20GT DIT(343.35万円~)
◆イタリア篇 アバルト500に499大限定のニュー・フェイス登場
アバルト×マゼラーティー!!
◆フランス篇 ルノー・カングー・ジャンボリー2012
荷物と愛がぎっしり。

ENGINE WATCH CLUB SPECIAL WATCH FAIR IN BASEL&S.I.H.H.&W.P.H.H etc.2012 ブランド別新作時計大特集自分をしっかり主張できる個性派ウォッチ、大集結! ゴールド・メダル・ウォッチはこれだ! 文=菅原 茂/篠田哲生/柴田 充/髙木教雄/名畑政治/松山 猛 写真=鈴木 勝
◆#1 Looking for the GOLD MEDAL WATCH エンジン時計班が厳選したタイプ別ゴールド・メダル・ウォッチ候補を一挙紹介! スーツでもカジュアルでも手許で映える精鋭46本!
◆#2 ENGINE RECOMMENDED BRANDS ゴールド・メダル・ウォッチをズラリ揃える12ブランド オンリーワンの魅力あふれる28本
◆#3 SPECIAL WATCH PEOPLE COLUMN 日本を代表する4大時計店の店主がリコメンド 今年のゴールド・メダル・ウォッチは何ですか?
◆#4 15の有名ブランドの新作29本を一挙紹介! まだまだあります、ゴールド・メダルの有力候補たち
◆#5 LOOKING for the GOLD MEDAL WATCH SHOPS 時計店のゴールド・メダリストを大捜査! “個性”にあふれた満足必至の11店 文=遠藤和呼/笠木恵司(Team Spiral) 写真=江藤義典/大越和則/鈴木 勝/高城幹人/中西一朗/山下亮一/吉村嘉隆
◆セクシーな車とエレガントな男…、スタイリスト祐真朋樹の提案! 乗る車×着る服 #25 Volkswagen The Beetle×BOTTEGA VENETA 写真=秦 淳司 ディレクション&スタイリング=祐真朋樹 ヘア=HIRO TSUKUI メイキャップ=yoboon Model=DANIEL HICKS
◆ENGINE FASHION CLUB この夏はマリン・スタイル! セレクトした人=森岡 弘(スタイリスト)、中村知香良(スタイリスト)、矢部克巳(ファッション・エディター)、小林伸崇(スタイリスト) 写真=島本一男
◆ベルリンでお披露目されたライカのニュー・モデル モノクロームの力
◆カラダ改造計画2012 レーシング・ドライバー松田秀士のスロー・エイジングでいこう 男の顔をメンテナンスする! 写真=阿部昌也
◆実践編 3回で早くも3.6kg減! 写真=柏田芳敬
◆ENGINE GOLF#28 フェラーリ・ゴルフ・コレクション、日本上陸! 跳ね馬、フェアウェイを闊歩する。 文・スタイリング=小林伸崇 写真=植野 淳
◆短期集中連載:ハーレーダビッドソンのある風景 第1回 ハーレーダビッドソン FLSTF ファットボーイ ふらりとどこかへ 文=大谷達也 写真=小野一秋
◆ENGINE GALLERY 人とクルマのいい関係を求めて 第3回 「マイカー時代」の幕開け 文=飯沢耕太郎
日本写真界を代表する重鎮、田沼武能氏は、時代の空気を鋭く捉えた、あまたの作品を世に送り出してきた。1960年代初期の東京・深川で撮影されたこの作品も例外ではない。ちなみにこの小さなクルマ、なんだか分かりますか?
◆ENGINE beat for BREITLING #96 われらブライトリング・ラバーズ! #12 鈴鹿のレース・ドクターはブライトリング一筋! 惚れぬいてます! 文=森 慶太 写真=高橋和幸(PACO)
クルマ好きが嵩じ、鈴鹿サーキットのレース・ドクターを務める整形外科医、小野直洋さんは、学生時代からの憧れだったブライトリングとフェラーリに熱愛中。 空調付きの車庫に鎮座する新品同様のF355を前に、その訳を訊いた。


 
スポンサーサイト


Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kattenisatsuei.blog76.fc2.com/tb.php/1737-834a0822

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ご紹介

プロフィール

撮影隊長

Author:撮影隊長
フィアット ムルティプラで、
極上輸入車生活を満喫中。
さいたまで、妻子&トイプードルと暮らす。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

これまでの閲覧者数

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。