スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ムルティプラ 売却を考えた

年末も押し迫ってようやくのんびりすることが出来たので、この秋に体験したムルティプラ売却話を書いておこうと思う。
これまで所有していたクルマはオレンジゴルフを除いて、3年以内に乗り換えていた。 ムルティプラは1度車検を受けており、2度目の車検を受けようか迷っていたが、今も手元にあるということは、そういうことである。 グダグダ書いてはいるが、2回目の車検前に売却したほうが得なのか?代わりのクルマが見つけられたのか?が焦点であった。
30-200804291.jpg







まずは、市場流通価格を知ろうと『カービュー』の買取一括査定を利用した。

申し込んで数時間後。4社から応答があった。 電話で車種など再確認があり、査定日を決めた。
査定価格などは次のとおり。
1.ガリバー:105万円、妻に鍵を預けておいて、本人との会話なしで事務的。
2.カーチス:105万円が提示され、渋ると115万円まで上昇した。
3.カーリンク:185万円の委託販売を提案された。
いずれの会社の人も『外装4.5、内装A』とまあまあの評価点をつけてくれた。

番外として、カーセブンも利用したが、『流通量が少ないため、すみません』とメールが届いた。


カーリンクの提示額はかなりの魅力であるが、車両を預ける際のリスクヘッジ(会社倒産時の即時車両返還、他)がないことと、某王手中古車買取店の会社を軌道に乗せるまでの仕事ぶりと同じという中古車業界にいた知人の証言で、火事の可能性があるものには手を出さないことにした。 証言をぼやっと書くと、『相場は水物、ときの経過』ということ。

これと並行して進めたのが次期車探しで、条件は新車のMTのみ。 頭に浮かんだのが、アバルト。 並行輸入ショップで見ると手は出せる価格であった。 その中で、グラプンアバルトの販売実績をもつサンク東京が近いので、訪問してみた。 生憎、アポなしだったため、営業の方が留守だったので帰ろうとすると、サービスの方が査定をしてくれた。 外装が4.5と付くのは距離と年式からしょうがないが、かなり綺麗なほうと褒めてくださった。 ノーワックス&水洗いがほとんどと伝えると驚いていた。 後日電話を頂くことにして、帰宅した。
最終的にサンク東京からは、150万円の査定額が出た。 4年半乗っての残存価格としては、驚異的である。

お友達ルートを使ってアバルトの正規導入を調べてもらったら、グラプンは来春、500は10年頃と聞こえてきた。 本命は500だったので、あと1年+α乗っても、120万円は下らないと判断(その他にも色々あるけれど)して、今回の売却を見送ったのでした。
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kattenisatsuei.blog76.fc2.com/tb.php/660-7e626c15

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ご紹介

プロフィール

撮影隊長

Author:撮影隊長
フィアット ムルティプラで、
極上輸入車生活を満喫中。
さいたまで、妻子&トイプードルと暮らす。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

これまでの閲覧者数

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。