スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏のGT 道南編 #2 ニセコへ

2日目は、朝取りのイカ刺しから始まります♪
昨夜のメニューと比べるとシンプルですが、全てが美味いです。
06-20130713a.jpg

透明のイカの美味しいこと!!
06-20130713b.jpg

ムルティプラの前に津軽海峡があるけれど、霞んでいてまさかりは見えません。
06-20130713c.jpg

昨日行けなかった 函館山 へ行きました。
06-20130713d.jpg

函館山といえば、このポジションですね。
06-20130713e.jpg

山から一直線に横に伸びるラインは、北海道新幹線 の軌道です。
06-20130713f.jpg

市内を移動していると、函館市電 が走っていました。行き先表示の「函館どつく前」というのにドキッとしますね。 キヤノンと同じ表記です。
06-20130713g.jpg

次に目指したのは、北海道最南端の 白神岬 です。
06-20130713h.jpg

ムルティプラも色んな先端に行ってます。
06-20130713i.jpg

白神岬から程近い 松前城 が次の目的地です。 上の娘の希望で、はんこを押すのが目的でした。
06-20130713j.jpg

正面からは木が生い茂り綺麗に見えないので、裏側から撮影。
06-20130713k.jpg

ムルティプラと松前城天守閣。
06-20130713L.jpg

ランチは、松前城の目の前と言っていい 道の駅北前船松前 の北前食堂で摂りました。
私は、うに丼をセレクトしたけれど、息子はカツ丼です。
06-20130713m.jpg

さぁ、ここからロングドライブで、美利加ダムを目指して行きます。 出発してすぐに高校生がお祭りで歩いていました。(松前城の受付の方に教えてもらっていました)
06-20130713n.jpg

江差町の港には、海洋丸が停まっていたので、走りながら息子がデジイチのズームを利かせて、連射撮影の中で何とか一枚だけ映っていました。
06-20130713o.jpg

しばらく走ると、トヨタディーラーに ピンククラウン が展示してありました。
06-20130713p.jpg

風力発電の風車が沢山見えました。
06-20130713q.jpg

まっすぐな道をひたすら走ります。
06-20130713r.jpg

16:40に美利加ダムに到着しました。
美利加ダムのことは、こちらです。

今日の宿のニセコを目指します。 道央自動車道の豊浦I.Cを降りたところで、チェックインが遅れる旨を伝えると、道案内をしてくれました。 ナビ通りに進んだら、砂利道を走らされるところでした。
06-20130713s.jpg

小一時間で ニセコグランドホテル に到着しました。
06-20130713t.jpg

今日の部屋は、普通です。
06-20130713u.jpg

風呂は、女性が湯浴衣での混浴露天です。 夫婦や家族連れが多かったです。 しかし、ひろーい露天は最高でした。 しかし、食事は…。
06-20130713v.jpg

大人のクルマ旅「北海道」 (ヤエスメディアムック406)

八重洲出版 (2013-06-26)
売り上げランキング: 5,615

函館 いか刺しぶっかけ丼 SB-400【5000円以上で本州送料無料 函館 いか刺しぶっかけ丼 SB-400 お中元 ギフトセット イカ刺し丼 北海道産 父の日 詰め合わせ】

価格:3,087円
(2013/8/5 22:11時点)
感想(0件)





豊平峡ダム/北海道4基目

息子との二人旅、最初の目的地に選んだのが、豊平峡ダム です。

歩いていくと早速一つ目のトンネルが見えて来ました。
バスが走る時間ではないので、ど真ん中で記念撮影。
05-20130712zd.jpg

一つ目のトンネルを抜けると、ビューポイントがありました。 ここは、帰りに乗ったバスのドライバーに紅葉と川の流れが綺麗だと教えてもらいました。
05-20130712ze.jpg

二つ目のトンネルには燕が巣を作っていて、飛び回っていました。

二つのトンネルを抜けると、豊平峡ダムに到着しました。 最初に確認したのは、バス時刻表です。 15分滞在できることを確認して、ダム見学です。
05-20130712zf.jpg

水量がたっぷりあるように見えます。
05-20130712zg.jpg

豊平峡ダムカードです。
05-20130712zh.jpg

帰りは、ハイブリッド電気バス で戻ります。
05-20130712zi.jpg

トロッコ列車のように窓がないので、開放感が抜群でした。
05-20130712zj.jpg

ハイブリッド電気バスとムルティプラ。
05-20130712zk.jpg

これが、豊平峡ダム行きのバス時刻表です。 ネットで時刻表を探したけど、オフィシャルには出ていないんですよね。
05-20130712zL.jpg

TRAVELSTYLE 北海道 2014 (TRAVEL STYLE)

成美堂出版 (2013-03-05)
売り上げランキング: 1,812

ダムカード大全集
ダムカード大全集
posted with amazlet at 13.08.04
宮島 咲
スモール出版
売り上げランキング: 23,637



夏のGT 道南編 #1 函館へ

7月11~12日のことです。
今年も子供が1人でやってくる時期になりました。 今回は息子です。
ANAキッズらくのりサービスを利用しましたが、この場所に連れてこられず電話がかかってきました。
左側の女性が研修中のため、出口で待っていたようです。 しっかりと右の女性に教育をされていました。 ひとしきり終わったところで、声をかけて記念撮影。
05-20130711a.jpg

今回の旅は、道南を巡ります。
さて、最初の目的地は豊平峡ダムです。 ムルティプラを駐車場に停めて歩いていると、バスが出発しました。人が来たら出発するのかと思っていたら、30分に1本の時間制でした。 ああ無情…。
息子とおよそ20分と言われた道のりを歩きました。
豊平峡ダム巡りは、こちらです。

ダム見学を終えて、どんどん南下していき、中山峠にある 道の駅 望羊中山 で一息いれます。
05-20130712a.jpg

ソフトクリームと揚げいもです。
05-20130712b.jpg

羊蹄山を見ながら更に南下していき、洞爺湖にあるチンコ島 に行くのをパスして、豊浦I.Cから道央自動車道に乗り一気に大沼公園I.Cまで走りました。
森I.C出口手前で写メしたのは、駒ケ岳と剣ヶ峰かな!?
05-20130712c.jpg

遅いランチは、ラッキーピエロ峠下総本店 で摂りました。 巨大な椅子に息子が座り、写メ。
05-20130712e.jpg

頼んだのは、チャイニーズチキンバーガーセット、息子はラッキーチーズバーガーとシェイクです。
05-20130712d.jpg

お店を出ると雨が降り始めていました…。
05-20130712f.jpg

次に目指すは五稜郭タワーです。 順調に駐車場の函館美術館に到着しました。 途中の標識で四稜郭と示してあったのには???でした。
早速、入場券を購入して、タワーに上りました。
05-20130712g.jpg

土方歳三と息子。
05-20130712h.jpg

息子による撮影。
05-20130712i_20130804162354f8e.jpg

単なる記念看板だと思っていたら、函館GO太くん×ズラー氏のコラボ看板で、9月1日までの限定掲示です。
05-20130712j.jpg

タワーを出たときにレトロ風ボンネット型函館バスが走っていたので、撮影。
05-20130712k.jpg

八幡坂通 でムルティプラの写真を撮りたかったんですが、雨天のためかギアを1速に入れてサイドブレーキを引いても下がっちゃうので、息子に構図を教えて写メ。
05-20130712L.jpg

こっちは、まぁまぁ良くなりました。 もう一度、フロントを撮る気にならないほど激しい雨になりました。
05-20130712m.jpg

函館山に登ろうと行くと17:00までしか自家用車で登れず、リサーチ不足でした…。
このとき、17:22でした。

その足で、二十間坂通 に行き車内から函館の町並みを撮影。
05-20130712n.jpg

さて、ここから15分程度走り、今日の宿 函館 湯の川 湯元漁火館 に到着しました。
05-20130712o.jpg

部屋は、10畳。 男二人には広すぎる部屋です。
05-20130712p.jpg

窓を開けると津軽海峡が見え、その向こうには、まさかり半島が見えています。
05-20130712q.jpg

宿泊地とまさかり半島の位置関係は、こんな感じです。
05-20130712zc.jpg


食事の前に、風呂へ行きました。 露天から見える雄大な景色が素晴らしいです。 そして、風呂からムルティプラを見たのは初めてです。
さて、食事です。 最初は他のお客さんの中で緊張していた息子だけど、美味しい物を食べて行くうちに笑顔ばかりになりました。 息子もほとんどの料理を食べて大満足のようです。
■サラダ
 全て、ご主人が育てている野菜です。
05-20130712r_20130804165548101.jpg

■御造り(鮪、鮃、螺、北寄、海老)
05-20130712s.jpg

■煮螺、氷頭鱠、醤油いくら、海胆
05-20130712t.jpg

■帆立漁火館風貝鍋
 このあとで、ご飯を入れて食べました(NO PHOTO)
05-20130712u.jpg

■ミンク鯨刺し
 鯨刺しを食べたのは、吉祥寺が勤務地だった頃だから17年振り!?
05-20130712v.jpg

■母々鰈煮付け
05-20130712w.jpg

■鮃ソテー バルサミコソース
05-20130712x.jpg

■南蛮海老味噌汁
05-20130712y.jpg

■玉蜀黍葛寄せ
05-20130712z.jpg

■たっぷりサイズのタンブラーに入ったサッポロクラシックを2杯飲みました。
05-20130712za.jpg

■ネット予約していたので、ワインのボトルを頂きました。
 自宅で飲んだけど、飲みみやすかったです。
05-20130712zb.jpg

時代小説で読む! 北海道の幕末・維新: 歴史を愉しむブックガイド
鷲田 小彌太
亜璃西社
売り上げランキング: 136,681

【1日50セット限定】函館・五島軒の極上ほぐし肉カレー4食セットで1000円45%OFF【送料無料】

価格:1,000円
(2013/8/4 17:21時点)
感想(1770件)





定山渓ダム/北海道3基目

7月7日のことです。
温泉街に程近い場所にある 定山渓ダム へ行ってきました。
丁度放水中で、日が差しているときには、ダム駐車場直前の橋から 二重の虹 が見れました♪ 幸運も二重になればいいんだけどね!?
04-20130707a.jpg

全景を撮りたくて下がっていたら、水色のデミオがやってきました。 嫁クルマと同じカラーなので、記念撮影♪
04-20130707b.jpg

全景です。 かなりデッカイです。ダムの上は道路になっており、札幌と小樽を結んでいます。
04-20130707d.jpg

定山渓ダムの記念碑です。
04-20130707c.jpg

ムルティプラとダム。
04-20130707e.jpg

定山渓ダムカード
04-20130707f.jpg

北海道生活3年目を迎え、ようやく扇風機を買いました。今まで団扇だったので、風呂上りの快適さが丸で違います♪

定山渓天狗岳
定山渓天狗岳
posted with amazlet at 13.08.04
外田 稔
ブイツーソリューション
売り上げランキング: 1,205,356

【直送品】五洲薬品 入浴用化粧品 温泉旅行 定山渓 25g×40包

価格:4,200円
(2013/8/4 13:55時点)
感想(0件)





滝里ダム/北海道2基目

6月26日のこと。
滝川市の倉庫で文書整理へ行ってきました。 私を含めて7名です。 昨年と違って、キングファイルの金具付で出せるので、かなり楽チンです。
最終的に請求書を見ると297箱を破砕後溶解して処分できました。 業者を変更して、楽・安を実現できました。

ランチは恒例の 松ジン本店 で、SPセットを食べました。
04-20130626a.jpg

ここで、皆と別れて、一週間後にやってくる社長のため、視察でファーム富田の事前確認です。
まだまだ…、でした。 今年は、駐車場のおじさんに聞いてみると、7月20,21日がピークだそうです。
04-20130626b.jpg

町営ラベンダー園
は、作業中でした。
04-20130626c.jpg

いずれも7月27日に訪れたときは、綺麗でした。

さて、帰路で 滝里ダム に向かいます。
04-20130626d.jpg

ダムカードと同じアングルだけど、下草が伸びてます…。
04-20130626e.jpg

今回のパートナー、エクストレイル クリーンディーゼルを背景にダムカードを写メ。
04-20130626f.jpg

るるぶ北海道'13~'14 (国内シリーズ)

ジェイティビィパブリッシング (2013-02-08)
売り上げランキング: 21,250

2011・2012年★グルメ大賞2年連続受賞★【送料無料】専門店の極上富良野メロン大玉Lサイズ2玉入【1玉約1.6kg~】 【楽ギフ_のし】【楽ギフ_メッセ】10P04Aug13【RCP】

価格:5,000円
(2013/8/4 12:48時点)
感想(264件)





2013年 7月27日のクルマ雑誌

【1万円以上購入でポイント10倍】ENGINE 2013年9月号【雑誌】【総額2500円以上送料無料】

価格:980円
(2013/7/27 18:08時点)
感想(0件)


◆新潮社:エンジンHP目次詳細

◆巻頭特集:911だけではないポルシェの魅力。

ポルシェの大黒柱が、ことし生誕50周年を迎えた911であることは疑いの余地がない。 しかし、もし911しかなかったら、ポルシェが現在あるような魅力的なメーカーでいられたかどうかについては、大いに疑いの余地がある。 実際、ミドシップ・オープンのボクスターの成功なくしては、1990年代の半ばにポルシェは経営破綻していた可能性もあるのだ。 本特集は、その救世主となったボクスターをはじめ、もはや911より速いとも噂されるミドシップ・クーペのケイマン、世界的な大ヒットとなった本格SUVのカイエン、そして初の4ドア・スポーツ・サルーンのパナメーラなど、911以外のラインナップにスポットライトをあてて、ポルシェの魅力を多角的に解き明かそうという試みである。

◆◆第1部 ミドシップ・ポルシェの魅力篇
◆その(1) ケイマンS対911カレラ、筑波決戦!ミドシップ・ポルシェが911を凌駕する日!?
 7月2日、午前8時。 快晴の筑波サーキットで史上最大の火蓋は切られた。 ケイマンSと911カレラのステアリングを握るテスターは、レーシング・ドライバーにして、ポルシェ・ドライビング・エクスペリエンスのチーフ・インストラクターでもある清水和夫氏。 果たして1周2045メートルのラップ・タイムはどちらが速かったのか? 徹底的な分析とともに報告します!
 ケイマンSも911も履いているタイヤはP-ZERO ピレリP-ZEROはスーパー・スポーツの標準靴。 RRとミドシップ、速いのはどちらかを明らかにすべく筑波サーキットでタイムアタックに臨んだ2台のポルシェ。 その足元を支えたのは、ポルシェ認証タイヤのPゼロだ。

◆その(2)編集部員が4台のケイマンと2台のボクスター、それに1台の911カレラを加えた7台を公道で徹底テスト。 ケイマンとボクスターの魅力について語り尽くそう。
 911が世代交代すれば、それと浅からぬ関係にあるミドシップ系も変わる。ボクスターに続いてケイマンも出揃い、3車種によるトライアングルが完成。 ENGINEは6月号での911に続いて、ここにミドシップ・モデルの比較テストをお届けしたいと思う。 ボクスターとケイマンはどれほどの進化を遂げたのか。 魅力の本質はどこにあるのか。 クルマ担当の編集部員6人が6台のミドシップ・モデルと1台の911をテストして討論した。
◆第2部 新たな大黒柱、カイエン篇 カイエン、カイエンSハイブリッド&ターボSの3台で、みなかみのワインディングを走り回った。911では味わえない、ポルシェ流SUVの世界。
 ポルシェ初のSUVとして2002年にデビューしたカイエン。 今やポルシェの経営を支える大黒柱にまで成長した。 今回は、ベーシック・モデルのV6とハイブリッド、さらにターボSの3台を、東京の水甕と呼ばれるみなかみのダム湖周辺のワインディンクに連れ出してテストした。 911では味わえない、ポルシェ流SUVの世界
◆第3部 海外試乗篇 第2世代に進化したパナメーラにドイツで乗る。 プラグ・イン・ハイブリッドからロングまで、なんでもアリ。
 ポルシェ初の4ドア・スポーツ・サルーンとして誕生して4年、パナメーラがパワー・トレインも含む大幅改変を受けて第2世代へと進化した。 新型の特徴は、ポルシェ初のプラグ・イン・ハイブリッドから、中国市場をも睨んだロング・ホイールベースまで、多彩なバリエーションが揃っていることだ。 その新型パナメーラにアルプスを臨む南ドイツの山中で試乗した。
◆◆第4部 オーナー取材篇 35人のオーナーがポルシェへの愛を語る
◆(1)11人11台が袖ヶ浦フォレスト・レースウェイに大集合 ポルシェには選べる楽しさがある
 ポルシェクラブのなかでは911比率が低いという千葉支部。 とりわけ思い思いに楽しむボクスター・オーナーの姿が目立った。
◆(2)ポルシェ乗りが集う、岩手ツーリングに同行する。“あえて”選んだ911ではないポルシェ。
 ポルシェクラブ宇都宮恒例の1泊2日のロング・ツーリング。 スタート地点の那須高原SAには、色とりどりのポルシェが集結していた。
◆(3)クルマは絶対マニュアルのスポーツカーです! という若者から911GT3から乗り換えた人まで、ミドシップ好きが京都、嵐山に集まった。 ポルシェだからというよりも、「このクルマ」が欲しかった!
 911以外のポルシェ・オーナーさん、集まってください! ポルシェクラブ京都の美人事務局長さんにお願いしたら、ミッドシップが6台集合! 911というシンボリックな存在なしでのポルシェ好き、爽やかでした。
(4)ポルシェ・クラブ大阪恒例のサーキット走行会にお邪魔してみました。 サーキットはノーマルやったら、あかん。
 「その日は岡山で走行会やってますわ。911ばっかりですねぇ」という副会長の尾上さんに無理行って集まってもらいました!
◆特別付録DVD 撮り下ろし映像、24分収録!
(1)ケイマンS対911カレラ、筑波決戦!
(2)ワルター・ロールが語るケイマン&ボクスター。
 911以外のポルシェにスポットをあてた巻頭特集にあわせ、今回のDVDはケイマンとボクスターに焦点をあてた。 筑波サーキットにて行ったタイム・アタックの模様と、ポルシェ・マイスター、ワルター・ロールによる解説を収録。 歴代モデルのプロモーション・ムービーとともにお楽しみ下さい。 →DVDジャケットのダウンロードはこちら

◆ENGINE ROAD TEST 主要ライバルとの比較をつうじてVW新型ゴルフの実力を探る。
 新型ゴルフはほんとうにクラス・ベストなのか?ボルボやメルセデス・ベンツが送り出した対抗モデルの大ヒットは、さしずめ“ゴルフ包囲網”の様相すら呈し始めてきた2013年上半期。 かつてない注目を集めるなかで上陸した新型ゴルフはライバルの攻勢を払いのけることができるのか? 1.2リッターエンジンを積むコンフォートラインと、1.4リッターエンジンのハイライン、2台を揃え、最大のライバルへと急成長したボルボV40、メルセデス・ベンツA180と乗り比べて考えた。 新型ゴルフはほんとうにクラス・ベストなのか?
◆ニューモデル海外試乗記 新型メルセデス・ベンツSクラスにカナダで乗る。 超安全な空飛ぶ絨毯!
 8年ぶりにフルモデルチェンジした世界屈指の大型サルーン、メルセデス・ベンツSクラス。 カナダで開かれた国際試乗会で、清水和夫はさらにレベルアップした乗り心地に驚嘆した。
◆◆ENGINE ROAD TEST
◆#1 新しくなったBMWアルピナB3&B7に乗る。 これぞ至高のスポーツ・サルーンだ。
 フェイスリフトを受けたB7とフルモデルチェンジしたB3。 2台のBMWアルピナ・最新モデルに乗る機会を得た。 スポーティとラグジュアリーを両立したその走りを堪能する。 これぞ至高のスポーツ・サルーンだ。
◆#2 さらに進化した新型アウディRS4アバントに乗る。 鋭い切れ味、でも安心。
 アウディA4シリーズの最上級モデル、RS 4が日本上陸。アバント・ボディを持つ新型で箱根までひとっ走り。
◆#3 ついに蘇ったプジョーの“GTi”に箱根で乗る。 フレンチ・ロケット復活!
 これが208シリーズの本命モデルか? シリーズ最強の“GTi”がついに上陸し、箱根で乗ることができた。 さて、第一印象は?
◆#4 ハイブリッド専用車種として再出発した9代目アコード 電化で復権を目指す
 先月のテストコースでの試乗に続き、公道での試乗がかなった。
◆#5 限定300台、売り切れ必至のSTIチューンのインプレッサが登場!最後のチャンス!
 ニュル24時間レース参戦を記念して企画された特別なインプレッサ。 買うならこれが最後のチャンス。
◆これこそ真のスーパーカー。 パガーニがついに日本上陸。これが、ウアイラだ
 自らの名を冠した理想のクルマを作るという夢を実現した男、オラチオ・パガーニが自信をもって送り出したウアイラ。 日本での発売が実現して、その発表会が東京で開かれた。
◆◆ENGINE名物!CAR PEDIA 毎月のクルマ・トピックを国別にまとめることで一目瞭然! 各国情報は編集部の担当案内人が責任編集する!クルマ界の森羅万象を丸ごと飲み込む本誌の器がカー・ペディアだ!
◆ポルシェ911に50周年記念モデル登場。
 60年代懐古調のデザイン・ディテールが眩しい911 50thアニバーサリー・エディションは1963台限定。
◆ドイツ篇 サーキットもこなすスモールAMG
 メルセデス・ベンツA&CLAに初のAMGモデルが登場した。2リッターターボ+7段DCT+4WDで武装した新型に佐藤久美が試乗。
◆イタリア篇 なんと、フィアット500に3列シートのミニバンですと?
 これって、お姉さんの次にお母さん登場、ということでしょうか?
◆フランス篇 ルノーの新型ルーテシア、この秋、いよいよ日本発売!
 ルーテシアの新型(4世代目)が最新の心臓を携えて、Bセグメント、コンパクト・クラスの王者を狙う。
◆日本篇 北海道でホンダ・フィットのプロトタイプに乗った。
 9月上旬の発表発売の前に、ホンダがフィットの生産型プロトタイプの試乗会を行った。 トヨタ・アクアにリベンジだ!
◆アメリカ篇 新型コルベットのプレ・オーダー・キャンペーン
 自分好みの1台を!
◆イギリス篇 第8のミニ、クラブバンに試乗。
 ミニ、クラブバンをベースに、後席を外したクラブバン。 ネーミングは冗談みたいですが、作りはいたって真面目です。

◆セクシーな車とエレガントな男、スタイリスト・祐真朋樹の提案! 乗る車×着る服#38 PORSCHE CAYMAN × PRADA
◆ENGINE HOUSE SPECIAL BESSワンダーデバイスの魅力を語る「都市型スローライフ住宅」とは?
◆ENGINE HOUSE ラグジュアリー・ブランドのホーム・コレクションに注目!さりげなく主張する!
◆No.84 Pitti lmmagine Uomo 2014 SS Report 世界最大級のメンズ・ファッション展示会を レポート
◆祐真朋樹、銘品を語る。Oh! My Standard 第2回 ラルフ ローレン/ケーブルニット セーター
◆途切れなかった最古の歴史が紡いだデザインと技術を見よ!時計界最長の歴史が磨き上げた佳品たち
◆ENGINE WATCH SPECIAL ティソ ヘリテージ創業160周年記念モデル 文字盤の中で、旅をする。
◆ENGINE WATCH CLUB SPECIAL 夏の時計大特集~バーゼル&ジュネーブで登場した新作カタログ 第2弾!
◆レーシング・ドライバー、桂伸一氏にインタビュー“イミュナージュ”でレースを勝ち抜く!
◆カラダ改造計画2013 レーシング・ドライバー 松田秀士のスロー・エイジングでいこう 最終回 いつまでも運転を楽しむために。
◆カラダ改造計画スペシャル アクティブO2×夏のアウトドア・スポーツ 山の水に力あり。
◆ENGINE people ジェンロブCEO ルノー・ポール=ドーファンさん 動き続ける老舗その、次の一手とは?
◆ENGINE GOLF #40 スニーカー感覚で履けるスパイクレスが続々登場!“軽さ”も武器だ!
◆ENGINE GALLERY 人とクルマのいい関係を求めて 第16回 キャパが捉えた“パリ開放の日”




うに丼、温泉、工場見学

6月23日に積丹方面にドライブしてきました。 きっかけは、ANA翼の王国7月号で、積丹のうにの店が紹介してあり、二色丼が食べたくなったんです。
目指した 純の店 は、営業が始まったばかりで駐車場は空いていました。 それで、ナビで近くの岬を探して黄金岬がありました。 行ってみると単なる堤防で残念…。
戻ると、満車になっており、どうもツキがないようです。 僅かな時間で10番目くらいの待ちになりました。
数分後、店内に入ってメニューを見ていると二色丼がないことが分かりました。 昨日、漁に出ていないそうです…。
21-20130623a.jpg

もう一軒の候補だったお店に連絡すると、二色丼があるそうで2人分予約しました。 積丹岬の近くにある うに膳屋積丹本店 へ向かいました。
21-20130623b.jpg

うにうに丼お膳(ばふんうに、むらさきうに)、3600円です。 しょうゆ、わすびを付けないで食べても塩っけがあって、サイコーに美味しかったです♪
21-20130623c.jpg

食事後、積丹岬に向かいました。
トンネルを通って海側に行けるんだけど、途中から真っ暗になります。
21-20130623d.jpg

島武意海岸は、日本の渚百選 の一つです。
21-20130623e.jpg

丸太の階段を降りていくけど、意外に長いです。
21-20130623f.jpg

途中で、記念撮影。
21-20130623g.jpg

積丹ブルーの海に触れてみましたが、冷たく感じました。(この日は、汗ばむ位の陽気でした)
21-20130623h.jpg

2月から遊歩道が通れるようになったので、念願の先っぽを目指します。
21-20130623i.jpg

積丹ブルーと崖の緑、空の水色のコントラストが綺麗でした。
21-20130623j.jpg

カムイ岬の先端で、神威岩を背景に記念撮影♪
21-20130623k.jpg

積丹半島を背に記念撮影♪
21-20130623L.jpg

帰り道に 日本海ふるびら温泉しおかぜ で、汗を落としました。 施設内に効能が掲示されていない珍しい温泉でした。
21-20130623m.jpg

曲がるところを一つだけ先にして、ニッカウヰスキー余市蒸留所 の見学をしました。
21-20130623n.jpg

蒸留施設を見学していると、アサヒビールのネームプレートを着けたスーツの方々がいてiPadで撮影していました。 見学の最後に、試飲コーナーがあり、ドライバーのためりんごのほっぺとお水でのどの渇きを癒しました。 助手席は、ロックとハイボールを都合4杯飲んでましたね…
21-20130623o.jpg

開放感があり、北大の校内にいる感じでした。
21-20130623p.jpg


【送料無料】【訳あり・無選別】北海道積丹産 特選 生食用 塩水ウニ(きたむらさきうに) 300g 《北海道グルメ ギフト》【楽ギフ_のし】

価格:7,280円
(2013/7/21 19:55時点)
感想(0件)





ご紹介

プロフィール

Author:撮影隊長
フィアット ムルティプラで、
極上輸入車生活を満喫中。
さいたまで、妻子&トイプードルと暮らす。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

これまでの閲覧者数

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。